韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国、歴代大統領の訴追や弾劾 背景に腐敗生まれやすい構造

韓国、歴代大統領の訴追や弾劾 背景に腐敗生まれやすい構造

韓国の大統領(任期5年)は憲法上、米国の大統領より強大な権限を与えられている。行政府の長として日本の内閣に相当する「国務会議」を主宰し、国務総理(首相)や大臣(行政機関の長)を任命し、さらには宣戦布告する権限を持つだけではない。

韓国憲法では〈大統領は、条約を締結し、批准し、外交使節を信任し、接受し、または派遣するとともに、宣戦布告及び講和を行う〉(73条。有信堂高文社刊『世界の憲法集』の尹龍澤・創価大学教授による訳文。以下引用は同書による)とされ、その権限は国軍を統帥(74条)し、非常事態が起きたときの命令権(76条)、戒厳の宣布(77条)から大法院長(最高裁長官に相当。任期6年)の任命権(104条)、憲法改正の発議権(128条)まで及ぶ。

それほど強大な権限を持ち、憲法で〈在職中、刑事上の訴追を受けない〉(84条)という不訴追特権まである韓国の大統領だが、退任後はその多くが弾劾、逮捕、訴追を受けてきた。

これも日本では分かりにくい韓国政治の謎だ。

スポンサードリンク
韓国の12人の歴代大統領のうち、1人は海外亡命(李承晩)、1人は暗殺(朴正煕)、1人は収賄容疑で捜査中に投身自殺(盧武鉉)、1人は弾劾で失職(朴槿恵)し、4人は訴追されて2人が懲役(全斗煥、盧泰愚)、残る2人(李明博、朴槿恵)は公判中だ。金泳三、金大中の2人の大統領も、本人は訴追されていないものの、どちらも息子が収賄で逮捕された。
http://www.zakzak.co.jp/

2015-03-19-pak.jpg

記事では、韓国の憲法では大統領の任期は5年で、再選はできない。政権末期になると大統領の求心力が下がり、腐敗が表面化する。大統領選挙のたびに与野党が交代し、新政権は政権浮揚のために前政権の腐敗追及に力を入れる。ある意味、日本の政治には欠けている政権交代によるチェック・アンド・バランスが極端に働いているとも言えると報じている。

韓国大統領の権限の広さを語るコメンテーターやジャーナリストがいるが、単に欲深いだけだろう。悪知恵は働くが、本来すべきことができないで、部下へ命令するだけ。そもそもの社会環境が、反日ネタを政治利用し、国家間の約束を見直すことが実施すべき実力と勘違いする朝鮮人特有の問題だろうと考えるが。と同時に隠れ負債の存在。何を実施しても負債には勝てない事に気が付いた時に、特に悪知恵が働く。

関連記事

[ 2019年10月07日 12:23 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp