韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  減速する中国自動車市場、「日本メーカーと中国メーカーの差が鮮明に」

減速する中国自動車市場、「日本メーカーと中国メーカーの差が鮮明に」

中国自動車市場の減速が鮮明となるなか、中国メディアの今日頭条は5日、中国自動車市場が低迷を続けるなかで「日本やドイツの一流メーカーと、中国メーカーとの差が鮮明になっている」と論じる記事を掲載した。

記事は、中国の乗用車市場は大幅に減速しており、18年上半期に比べて20ー30%も販売台数を減らした中国自動車メーカーは多いと紹介。しかし、そんな状況下でもドイツメーカーの販売台数の減少は小幅にとどまっているほか、日本メーカーの一部のブランドは逆に販売台数を伸ばし、シェアを拡大しており、市場の環境が厳しくなったことで「日本やドイツの一流メーカーと、中国メーカーとの差が鮮明になった」と強調した。

続けて、中国自動車市場が好景気に沸いた数年前、消費者の巨大な需要が「競争力のないメーカーまで大いに潤した」と指摘し、当時は多くの人が「豚すら空を飛んでしまうほど強い追い風」だと歓喜したと紹介。

一方で、市場が冷え込んで需要が減退した今、「品質やコストパフォーマンス、さらにはブランドロイヤリティなど、自動車そのものの競争力が勝敗を分けている」と指摘。そして、ホンダやトヨタなどの日本車メーカーのほか、ドイツ車メーカーは技術力と品質という強みを武器に、中国市場における地位をしっかりと守っていると論じた。
  スポンサードリンク
逆に、中国メーカーの凋落は中国人たちを失望させていると強調しつつ、「減速する自動車市場における日独メーカーと中国メーカーのパフォーマンスの差は、まさに中国の工業分野における世界との差を示すものである」と伝えた。
https://news.livedoor.com/

2019-10-07-k002.jpg

世界最大の自動車市場である中国で異変が起きている。新車販売台数は2019年7月まで13カ月連続での前年割れとなった。「日系車しか売れなくなった」のだと伝える記事が出始めている。日系メーカーは、ブランドを育てつつ市場に投入しており、成長が見られる分野に慌ただしく新ブランドを投入したりしない。また補助金が出るからといってその分野に注力したりもしない。日系車は品質とサービスが安定しており、その良好なクチコミが現在の販売台数に繋がっているとみている様だ。

中国自動車工業協会は9月11日のプレスリリースにおいて、販売減少の要因として、補助金削減により多くのメーカーが損失を出しており新モデルの投入に積極的ではないことと、駆け込み需要の反動による需要減を挙げている。新エネルギー車の需要減速により、新興EVメーカーの淘汰が進む可能性がある。中国のEVメーカーが、2019年1~6月に投資機関などから獲得したベンチャー投資の金額は、前年同期に比べ9割減少したとされる。多くの新興EVメーカーが試作段階にある中で、投資資金の減少は操業に大きな影響を及ぼすとみられる。既に量産に成功しているメーカーも厳しい状況にある。

関連記事

[ 2019年10月07日 18:45 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp