韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国製造の世界初となる大型のLNG動力コンテナ船に海外ネットユーザーも驚き

中国製造の世界初となる大型のLNG動力コンテナ船に海外ネットユーザーも驚き

2019年10月6日、中国メディアの人民網は、中国の造船会社が製造した液化天然ガス(LNG)動力コンテナ船について、海外のネットユーザーから驚きの声が上がったと伝えた。

記事は、「先日、世界初となるLNG動力の大型コンテナ船が上海で進水した」と紹介。これは、中国船舶工業集団が製造したもので、来年前半にフランスのCMA CGMに納品する予定だという。

CMA CGMのロドルフ・サーデCEOは、「これは世界初のLNG動力の大型コンテナ船だ」と語った。

全長400メートル、幅61メートル、高さ78メートルで、甲板の面積はサッカー場4面分に相当し、標準的な20フィートコンテナを2万3000個積載することができ、積載重量は22万トン近くになるという。

スポンサードリンク
記事は、「同型のコンテナ船と比べ、エコなLNG動力コンテナ船は、1回の航海で二酸化炭素排出量を20%、窒素酸化物排出量を85%、粒子状物質と硫黄酸化物の排出量を99%削減することができる」と紹介した。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-10-08-k002.jpg

世界初の液化天然ガス(LNG)を動力とする23000-TEU超大型コンテナ船「達飛雅克薩徳号」(CMA CGM JACQUES SAADE)が25日、上海市で進水した。仏CMA-CGM社のロドルフ・サーデ会長兼CEOは2017年、23000-TEUコンテナ船を9隻注文製造することを決定した。これは世界初のLNGを動力とする大型コンテナ船でもある。中国船舶工業集団有限公司の専門能力が広く認められていることから、CMA-CGMは最終的に同社にこの一連の巨大船の建造を依頼したという。

LNGは非常にクリーンなエネルギーで、硫黄と粒子状物質の排出量を99%、窒素酸化物を85%、二酸化炭素を20%減らすことができる。クリーンエネルギーの使用で船舶の環境汚染を大幅に削減している。これらの新たに建造された船は2020年にCMA-CGMの船隊に加わり、ユーラシア航路(アジア〜北欧)の運航に使用される。船舶の環境保護性能をさらに高めるため、同シリーズのコンテナ船の船体設計は流体力学の最適化を行った。バルブ船首を隙間なく船体内に集約し、艦首をストレートにした。またこの超大型船舶は特殊塗装を採用しており、その「LNGPOWERED」(液化天然ガス動力)というマークはその他の船舶と異なっているとしている。

関連記事

[ 2019年10月08日 08:31 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp