韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  文大統領の退陣求めるデモ、「予想上回る数」の参加者

文大統領の退陣求めるデモ、「予想上回る数」の参加者

韓国法相のスキャンダルが「国が分裂している」と言われるほど物議を醸していることについて、中国メディアの環球時報は10日、「チョ・グク事件が文在寅(ムン・ジェイン)大統領に波及、民衆が集まり退陣を要求」と題する記事を掲載。韓国の主要メディアの報道や中国専門家の見解を紹介した。

韓国で「ハングルの日」にあたる9日、ソウルの光化門広場で、文大統領の退陣とチョ・グク法相の辞任を求める集会が行われた。記事によると、韓国のYTNテレビは「新任のチョ・グク法相及びその親族にさまざまな疑惑がつきまとっている上、文大統領の指示で司法改革を強硬に推進しようとしていることで、韓国社会の保守派の敏感な神経を刺激している」と報じ、当日の集会には50万人が参加したことを紹介。「12日にはチョ・グク氏を支持する団体がろうそくデモを計画しており、両陣営の対立はますます激化している」と伝えた。

中央日報は、「“反チョ・グク”デモに参加した人の数は予想を上回った」「地方からデモに参加するために来たという人も少なくなかった」などとし、「これは韓国の保守派の市民らが今回の騒動を機に団結を強化していることを示している。しかしながら、韓国大統領府(青瓦台)は9日のデモに沈黙を保っており、チョ・グク法相の去就について一切の見解を発表していない」と伝えた。

スポンサードリンク
また、聯合ニュースは「7日に騒動について初めて声を発してから、文大統領は企業や民生の政策に注力し、国民の注意をそらそうと試みている。だが、文大統領は以前、『国民は皆、検察が政治的に中立を保っていないと考えている。国会で早期に関連法案を通過させたい』と強調していた」と指摘した。 文大統領の支持率の低下も顕著だ。韓国「明日新聞」と西江大学現代政治研究所が9月26日から10月2日まで、全国の成人男女1200人を対象に行った世論調査では、文大統領の国政運営に肯定的な評価を下したのは32.4%にとどまり、否定的な評価(49.3%)を大きく下回った。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-10-10-k007.jpg

韓国の建国記念日で祝日だった10月3日。大統領府の鼻の先にある光化門で、曺国法相と文在寅大統領を激しく糾弾する大規模な集会が行われた。光化門からソウル駅までの道路を埋め尽くした今回の人出は、朴槿恵前大統領を弾劾に追いやったろうそく集会に匹敵する規模と報じている。この日、集会に参加した人数はどれほどになったのだろうか。自由韓国党は300万人だと発表したが、警察は公式推定をしなかった。

文在寅大統領府は、光化門集会について「特に言うことはない」と、一切沈黙を保っている。9月29日に瑞草洞で開かれた「検察改革」の訴える支持者たちの集会では、「予想しなかった多くの人たちが集まった」、「数多くの人たちが声をそろえたことを重く受け止めるべきだ」と言及した時の様子とは大きく違う。 文大統領の終わりが近づいている様だ。

関連記事

[ 2019年10月10日 12:01 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp