韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスンロゴの代わりにギャラクシーロゴをつけて25日に日本で公式販売

サムスンロゴの代わりにギャラクシーロゴをつけて25日に日本で公式販売

サムスン電子の初の折り畳み式フォン「Galaxy Fold(ギャラクシー・フォールド)」が今月25日から日本で公式販売される。日本第2位の通信キャリアKDDIで独占販売する構造だ。サムスンとKDDIは最近、200億ドル(約2兆1600億円)規模の5世代(5G)移動通信装備納品契約を結んでいる。

10日、サムスン電子日本法人とKDDIによると、両社は東京渋谷にある「ギャラクシー原宿」で大型ショーケースを開いてギャラクシー・フォールドの日本販売に入る。今年3月にオープンしたギャラクシー原宿は、地上6階・地下1階規模で1000個以上のギャラクシースマートフォンで外観を飾った大型体験館だ。

サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長(51)も今月5月にギャラクシー原宿を訪れて現地の顧客の反応を直接確認したことがある。

ギャラクシー・フォールドは日本では5GモデルでなくLTEモデルとして発売される。無線ヘッドセット「Galaxy Buzz(ギャラクシー・バズ)」をデバイスとともに提供するのは韓国と同じ条件だ。KDDI直営店、オンラインショッピングモールで注文することができ、価格は24万円台になるという。

スポンサードリンク
韓国向けモデルとは違い、日本で販売されるギャラクシー・フォールドはヒンジ接合部分にあるサムスンロゴ(SAMSUNG)が「ギャラクシー(Galaxy)」ロゴとなっている。サムスンは2016年Galaxy S6(ギャラクシーS6)からスマートフォン全面につけられたサムスンロゴを消して日本でギャラクシースマートフォンを販売している。
https://japanese.joins.com/

2019-10-11-k006.jpg

私はアップルの10インチ級タブレットが、半分に折れたら持ち運びに良いだろうと思うのだが。或いはもう少し大きいタブレットも持ち運べるわけで、むしろタブレットに必要な技術とも言える。スマホは次第にシンプルになり、価格も安く、必要最低限度の事が出来るれば良いという、ガラケーに近い使い方が一部では根強い。アップルウォッチも人気がある。だがタブレットが予想以上に売れていない。一つにはマウスが使えないという難点があったが、IOS13で解消した。問題はノートPCの代わりにタブレットを利用することになるのかという事だ。

簡単なブログ更新などを含め、タブレットで済めばノートPCは必要がなくなる。問題は扱い方で、特に高齢者には設置まで対応するくらいのサービス展開がないと無理だろう。ノートPCになれた日本では、企業がタブレットに置き換わらないと難しい。アップルとしてはMacが売れないのも困るわけで、タブレットの位置付けがいまだ難しい位置にあるのは事実。

関連記事

[ 2019年10月11日 09:03 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp