韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  日韓貿易戦争の100日間、韓国メディア「我々は勝った」

日韓貿易戦争の100日間、韓国メディア「我々は勝った」

韓国放送公社(KBS)の10日の報道によると、韓国と日本は11日、韓国が日本の輸出規制措置を世界貿易機関(WTO)に提訴したことについて初めて二国間協議を行った。日本が韓国への輸出制限を打ち出してから100日目にして、双方は初めてハイレベルの協議を行い、外部では積極的な成果が得られるのではないかと期待が高まる。それと同時に、韓国メディアはこのほど、日韓貿易戦争の100日間の結果を総点検し、「日本の損失は韓国よりも大きい」との見方を示した。環球時報が伝えた。

韓国紙「中央日報」は、「韓国の日本製品不買運動により日本の観光産業が被った損失は韓国が被った損失の9倍だ。伝統的な旅行の繁忙期である7-8月に、日本を訪れた韓国人観光客は前年同期比27.6%減少した一方、韓国を訪れた日本人観光客は同10.8%増加した。韓国人観光客の減少により日本の関連の生産額は同3537億ウォン(約353億円)減少し、韓国の関連の生産額も同約399億ウォン(約39億円)減少した。また、9月には韓国での日本製自動車の販売台数は同60%減少し、日本製ビールの輸入額は6000ドルで同99.9%減少し、事実上の輸入停止となった」と伝えた。

韓国紙「ハンギョレ」の10日付記事は、「当初、日本の安倍政権が韓国に対して輸出規制措置を取ると発表した時、韓国のメディアと専門家の一部からは、『韓国経済はすぐだめになり、韓国の半導体工場は半月以内に生産停止に追い込まれ、韓国企業の損失は日本企業の300倍になる』との声が上がった。

スポンサードリンク
しかしこれまでの100日間にそのような事態は発生しなかった。安倍政権は韓国を甘く見すぎていた。韓国の政府と企業はこれをきっかけに、材料、部品、設備などの産業が海外に過度に依存すれば非常に大きなリスクをもたらすことをはっきりと理解し、さらにこれまでの政策に存在する問題を改めて点検して改善策を講じた」と伝えた。
https://www.recordchina.co.jp/

2015-03-23-wa.jpg

何ともウソの多い記事である。日本の貿易規制は、韓国の不正輸出を止めているわけで、国家予算の半分が外責と言う政府負債の補てんを止められたわけで、韓国政府としては困ったでは済まないだろう。税金補てんができなくなったことで今後大きな打撃が待っている。また自国企業の低迷は、韓国の勝手な日本製品ボイコットで、また零細企業を直撃した。とどめ打ちとも取れる問題は報じない。

自国の内需縮小を加速させた事はもちろん、もっと重要なのは上記の政府負債となる。海外投資家頼みの政府負債は、不正輸出で補てんしていた事実は報じない。なので詳細は解りかねるが、政府負債が確実に年々増加し、家計負負債以上に大きな問題と化すのは間違いない。同時に文氏は北朝鮮統一を加速する。ところが不支持が増加したことで、これは失敗に終わる。時間の問題となる。大手企業の部材輸出は、輸出依頼を実施すれば問題はない。最初の3カ月だけが問題でその時期は過ぎている。

自国政府は規制を制裁と位置付けて自滅したわけで、日本は韓国が通貨危機になっても助けないだろう。米国も同様。何とも孤立感のただよう韓国となった。また訪日韓国人減少は中国からの旅行客増で、かなり補てんされた。大敗した韓国と言う記事はかけないだろう。

関連記事

[ 2019年10月12日 11:52 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp