韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  高齢化進行が日本の社会保障の持続可能性を揺るがす

高齢化進行が日本の社会保障の持続可能性を揺るがす

総務省が9日に発表したデータによると、日本は65歳以上の高齢者が人口に占める割合が28.4%に達し、世界で最も高齢化が深刻な国になった。高齢化の進行にともない、社会保障支出が日本政府にとって重い負担となっている。新華社が伝えた。

学術界では通常、ある国・地域で65歳以上の高齢者の割合が7%を超えるか、60歳以上の高齢者の割合が10%を超えると、その国・地域は高齢化社会に突入したとみなす。日本政府は65歳以上を高齢者とする。日本の各界は、日本はすでに高齢化社会から超高齢化社会に足を踏み入れたとみる。

データによると、今年9月15日現在、日本の総人口は前年同期比26万人減少した一方で、65歳以上の高齢者は32万人増えて3588万人になり、過去最高を更新した。

一方で高齢者が増え、もう一方で総人口が減る。これはつまり社会保険料を納める労働者が減少し続け、国民年金(基礎年金)と厚生年金や企業年金などの年金を受け取る人が増え続け、医療保健や介護保険などの支出もますます増えるということを意味する。

スポンサードリンク
業界関係者が政府の最新のデータに基づいて試算したところ、日本では15-64歳の労働者人口と65歳以上の高齢者との比率が2.09対1になるが、割合は縮小を続けている。45年には約1.5対1になるとの予測もあるという。 日本の高齢化社会に対処するための制度設計は十分に練られたものだ。年金、医療保健、介護保険は高齢化社会に立ち向かうための「三種の神器」などと呼ばれる。しかし人口構造が大きく変化するのにともない、社会保障支出が巨大な財政負担になるとともに、負担はさらに増大し、社会保障システムの持続可能性は試練の時を迎えている。
https://www.recordchina.co.jp/

2014-03-16-wa-1.jpg

若者の活気は、国を明るくする。海外の若い夫婦を取り入れて、税金を納め、日本の社会保障を受けて生活できるような仕組みと、言語問題における和訳システムや、受け入れる国の歴史や文化などの勉強も必要となる。逆に日本文化を教える事も重要だ。自衛隊などでは、今後若い人材は不可欠であるから、日本語を勉強しつつ、国を守るための人材育成も実施すべきことである。

ある程度海外からの人材補填は重要で、政府は良いシステム作りを実施し、空き家対策にも活用してほしいものである。まだまだ実施すべきことは多いが、先を見えれば年金不足に、人材不足、あるいは税収不足となるわけで先読みで対応する事が重要。人工知能を駆使しても若者は増加しないわけで、活気ある社会を考慮することは重要となる

関連記事

[ 2019年10月13日 08:36 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp