韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国を覆う危険な楽観論

韓国を覆う危険な楽観論

先月、韓日関係に関心を持つ日本の知識人たちの勉強会に招待された。仕事が休みの日である土曜日に行われた集まりだったので軽い気持ちで参加したが、すぐに背筋を伸ばして気を引き締めざるを得なくなった。発表者が「日本では約束を重視するのに対して、韓国では正義が重要だ」と両国を比較・分析すると、20人余りの参加者たちはゴマ粒のような字でメモを取った。文在寅(ムン・ジェイン)政権と韓国社会に対する分析について、耳を澄まして傾聴する姿には緊張感すら感じられた。どこで聞いてきたのか「南南葛藤(韓国国内の対立)とはどういう意味ですか」と記者に尋ねてくる人もいた。

東京のある新聞社では先日、ソウル特派員として駐在していた中堅記者の社内特別講義が行われた。文在寅大統領はどんな人物なのか、韓国の執権勢力はどんな人々なのかについて知りたいと考えている人が多いため、記者や職員たちを相手に勉強会を開いたのだ。

1年前の韓国大法院による徴用賠償判決で両国関係が「政治的断交」に至って以来、日本社会には韓国研究ブームが巻き起こっている。NHKでもなく民間放送局が先日、週末のゴールデンタイムに韓日関係について2時間取り上げたのも、このような現象を傍証している。日本の週刊誌や月刊誌には最近、韓国関連の記事が必ずと言っていいほど掲載されている。こうしたムードが過熱して、刺激的な嫌韓記事につながるという副作用も出ている。

スポンサードリンク
最近の韓日の状況を比べると、日本社会は韓国を研究することに没頭しているのに対し、韓国は日本を非難することの方により多くの力を入れているように見える。安倍政権から初の経済制裁を受けながらも、日本を知ろうとする雰囲気より、青瓦台の主導で日本を非難し、接触を断つ「鎖国」で対抗しているようだ。さらに、韓国社会は新任のチョ国(チョ・グク)法務部長官関連の波紋が大きく広がっており、韓日関係が興味の対象から外れてしまっているのではないだろうか…。
http://www.chosunonline.com/

2014-03-04-wa.jpg

日本は相手国を深く分析するのは、ごく普通であり、対応策まで見出す訓練が出来上がっている。特に企業では品質システムが確立されているだけに。様々な手法で実施されている。 だが、韓国は丸投げ体質が多分に多いわけで、上から目線と言うのが風通になっていること自体が恐ろしい。競争化社会の負の部分と言える。また朝鮮人と言う性格もある。何が重要で何を実施すべきかよりは、如何に問題を丸投げして結果を求めるかと言う事との違いとなる。

これにより社会システムも大きく変わり、格差社会が自然と形成されてしまう韓国では困りごとだろう。日本とて能力主義に徹すると、韓国の様な側面が出る。如何に協力し合うかと言う基本的重要項目と、そのシステムを重視する社会を変えないようにすることである。

関連記事

[ 2019年10月13日 08:52 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp