韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本で相次ぐ自然災害被害、春の兆しの日本経済を冬に逆戻りさせる

日本で相次ぐ自然災害被害、春の兆しの日本経済を冬に逆戻りさせる

2019年10月14日、北京商報は、昨年今年と大きな自然災害に見舞われている日本の経済が「春の兆しが見えたところで冬に逆戻り」状態になっていると報じた。

記事は12日に静岡県に上陸した台風19号が記録的な豪雨をもたらし、河川の水位上昇、堤防の決壊、交通の麻痺、家屋の浸水、山崩れなどの被害を生み、多くの死傷者を出したと紹介。この日にはさらに千葉県南部を震源とする地震が発生したほか、鹿児島県の桜島でも噴火が起きたと伝えている。 そのうえで、日本は災害多発国であり、国土技術研究センターの報告によると、日本の国土面積が世界の0.28%であるのに対し、災害による損失額は世界の11.9%と高い割合を占めていることが明らかになったとした。

そして、災害は総じて日本経済と深く結びついているとし、台風や豪雨の多い第3四半期は、災害の影響により民間投資、公共投資、輸出がマイナス成長し、年間の経済成長率を引き下げることがあると説明。昨年の数値では、GDPの約6割を占める個人消費が第3四半期に落ち込んだほか、豪雨や台風の影響により工場の生産停止が相次いで輸出が冷え込んだとした。さらに、関西国際空港の浸水被害や北海道で発生した地震により観光業も打撃を受けたと紹介している。

スポンサードリンク
記事は最後に「自然災害を前にした日本経済のぜい弱性は見ての通りである。そしてより重要なのは、現在の日本にとっては、自然災害は間違いなく『泣きっ面に蜂』だということだ」と結んだ。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-10-15-k001.jpg
浸水した埼玉県川越市の下小坂地区

都幾川の堤防が決壊し、浸水被害が出ている埼玉県東松山市では、国土交通省が無人機のドローンを使い、浸水した場所など詳しい状況を調査した。埼玉県東松山市を流れる都幾川では、台風19号に伴う大雨で堤防が決壊して広い範囲で浸水し、水没した車の中から70歳の男性が死亡しているのが見つかるなど、大きな被害が出た。 国土交通省関東地方整備局では14日、無人機のドローンを使って、都幾川の堤防の決壊の状況や周辺の被害状況などの調査を行いった。担当の職員2人が、1メートルほどのドローンに地形を測量できる機械を取り付けて、決壊した堤防の幅や深さなど詳しい状況や、浸水の被害状況などを確認した。

関東地方整備局河川工事課は「被害が大きく人が入れない場所をドローンで調査することで被害状況を確認し、復旧の進め方を検討したい」としている。関東地方整備局では14日午後、川越市の越辺川と東松山市の九十九川の堤防の調査も行った。私は南側の川越市なので、高台でもあるわけで、助かりましたが…。

関連記事

[ 2019年10月15日 08:11 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp