韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  今年のノーベル経済学賞受賞者が韓国経済を評価

今年のノーベル経済学賞受賞者が韓国経済を評価

2019年10月15日、韓国・マネートゥデイは、今年のノーベル経済学賞を受賞した米マサチューセッツ工科大学のエスター・デュフロ教授の記者会見の様子を報じた。

記事によると、デュフロ氏は14日(現地時間)、米マサチューセッツ州のマサチューセッツ工科大学で、同賞を共に受賞した夫で同大学教授のアビジット・バナジー氏と共同記者会見を開いた。両氏は世界的な貧困問題の解決に向けた実証的な研究が高く評価され、米ハーバード大学のマイケル・クレマー教授と共に同賞を受賞した。デュフロ氏は同賞で最年少、史上2人目の女性受賞者だ。

デュフロ氏は会見で「貧しい人々の生き方を理解するためにもっと努力しなければならない」「私の受賞が全世界の貧困解決の糸口になれば」と語ったという。また、「貧しい人々を助けようとしている人でも貧困層の問題を根本的に理解できていないと思い研究を始めた」とし「貧しい人々は風刺の対象になることがよくある」と指摘した。

スポンサードリンク
韓国の経済発展モデルについて問われると「韓国は発展途上国の発展モデルだと言える」「技術と教育に対する集中的な投資がいい結果を生んだ」としながらも「国ごとに状況が異なるため一律に適用するのは難しい」と話したという。 これに韓国のネットユーザーからは「経済発展モデルでもあるけど、短期間で経済を悪化させる国家のモデルでもある」「それは昔の話だ。今は国が社会主義に向かっている」「昔はそうだった…。今は国家が崩壊する様子を見せつけるモデルだ」「韓国はいまだに発展途上国だ」「今の韓国は共産主義に変化している」など否定的な意見が寄せられている。
https://www.recordchina.co.jp/

韓国経済と言うが、韓国政府のウソの対応。つまり公的資金投入で作った偽の経済。失業率のウソ、外貨準備高のウソ、様々な嘘が多く、自国の経済専門家も理解しているのかさえ不透明。 為替依存や中国依存のみ正しく、他は信用できないというのが韓国である。

特に最近の反日は1995年当時、現代電子を指導した時点と大きく違っており、日本統治の恨みとかは、自国民の戦争経験者の意見が反映しすぎている側面が多い。まして、日本統治時代とはいえ、無条件降伏した国である。その割にはすべてが強制労働ではないだろう。特に財閥連中は恩恵を受けたはず。日本の敗戦を見ての卑劣な対抗だが、彼らも当時は日本で敗戦したわけで、米国傘下に付き、いかにも戦勝国のような顔をする。農地改革における財産没収はある。戦争さなかでの無条件降伏である。いまではそれさえ認めない。後で大騒ぎするする連中は、日本の敗戦と言う重みをネタに、賠償請求をし続けているのも卑劣で異常だろう。

日本によってインフラがされ、企業技術伝授までつい最近まで実施したにもかかわらず、文政権の異常対応である。条約も守らない国など存在する価値はない。自国経済など、大手企業はすべて海外投資家による外資系企業である。純粋な自国企業は中小企業でしかない。日本からの部材で製造するだけの国であると考えれば、たいした技術はないという事だ。

関連記事

[ 2019年10月16日 08:28 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp