韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国・文政権「即位の礼」を政治利用!?

韓国・文政権「即位の礼」を政治利用!?

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、策謀をめぐらせている。天皇陛下の「即位礼正殿の儀」(22日)に合わせて李洛淵(イ・ナギョン)首相が来日するが、常軌を逸した「反日」暴挙を繰り返しておきながら、「日本側の前向きな措置」を勝手に熱望しているのだ。韓国国会議長による「天皇陛下(現上皇さま)への謝罪要求」や、いわゆる「元徴用工」の異常判決、韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊哨戒機へのレーダー照射事件などを、日本人は決して忘れない。

韓国は大統領制の国家であり、今の大統領は就任前、「自分は反対派が何を言おうとグラつかない」と述べている。つまり、文大統領自身が考えを変えない限り、韓国の対日政策は変わらない。 この簡単すぎる事実が、日本ではなぜか理解されていない。そこに、韓国が日本に揺さぶりを掛ける、別の言葉でいえば、日本国内の雑音を高めさせる隙が生じる。 国家意思を決定するのは大統領府であり、内閣はそれを執行するだけ-これが韓国の政体だ。従って、日韓の外相同士が「日韓関係を新しい高みに引き上げようと意気投合」(=河野太郎前外相の発言、文芸春秋11月号)したところで、実は何の意味もないのだ。

文氏のかねてからの持論は「国内保守派=親日派」であり、保守派を壊滅させて主流勢力の交代(=つまり文在寅流の革命)を成し遂げるには、「韓日条約体制」を打破しなくてはならないとするものだ。

スポンサードリンク
現状は、いわゆる徴用工問題に関する韓国最高裁の判決により、「韓日条約体制の崩壊」状態にある。これは文氏にとって歓迎すべき状況だ。それを元に戻すようなつもりはサラサラない。だから事あるごとに、「司法判断は尊重せざるを得ない」と述べているのだ。
http://www.zakzak.co.jp/

韓国は本当の意味での日本からの独立に必死である。だが文氏は北朝鮮を持ち出し統一妄想に走る。朴槿恵も同様だった。まずは人口を増やすしか日本に対抗できる手段はないと、なぜか人口に拘る。日本よ少ない人口で良い結果を出している国は多数ある。いつまでも財閥経営だけの企業が出すGDPだけで勝負するなど、本来あるべき姿ではない。外資系企業を自国企業と語り、日本にある韓国工場すら韓国企業と名乗るのでは困りごとだが、日本統治下の強制労働における訴訟問題や日韓請求権協定を破棄したところで、韓国は日本に5億ドル返却できるのだろうか。しかも今のレートで返却せよと日本が通達したとたんに韓国は大騒ぎだろう。

安倍首相は通達してもよいのではないかと思うが。タイミング時期を見ている事だろう。強制労働においては個人における問題は韓国内で対応せよという事で詳細を載せていない。これは慰安婦同様に人権問題まで詳細に掲載は無理である。条約あるいは請求権協定に明記することを避けた理由でもある。なのでまとめて5億ドルのODAとしたわけで、調子に乗るほどに韓国は墓穴を掘ることになる。たかが徴用工問題が、5億ドルを現在のレートで日本へ返還なれば、2008年まで返還した分を差し引いても莫大な金額だ。

それを実施したとたんに韓国政府は腰が引けるのではないか。そもそも韓国と戦争していないのだから、ODAとしているわけで、無償があるのは、朝鮮半島を戦火に巻き込んだという謝罪の意味が込められている。従って北朝鮮まで含んでいるわけで、独り占めした韓国は、北朝鮮に日本が説明すれば、金正恩から、韓国に請求が来るだろう。 挙句に新しい日本の始まりを機に、即位の礼を政治利用する韓国である。礼儀を知らない国である。韓国大統領など天皇に及びもしない地位である。失礼にもほどがある。今の韓国は他の新興国以下で、国際社会と追従すらできない国であるから、我儘な子供より始末が悪い。

関連記事

[ 2019年10月17日 09:21 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp