韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  韓国、親書持参で日本にすり寄り 「日韓関係は事実上、破綻している」

韓国、親書持参で日本にすり寄り 「日韓関係は事実上、破綻している」

天皇陛下が国内外に即位を正式に宣言される「即位礼正殿の儀」(22日)に参列するため、韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相が来週来日する。安倍晋三首相との個別会談は24日の予定で、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の親書を持参する方針だという。

自民党外交部会副部会長である、松川るい参院議員は、「日韓関係は事実上、破綻しているという認識だ。日本は筋を曲げるべきではないが、これ以上の泥仕合は避けるべきだ」と語った。「即位礼正殿の儀」には、約200の国・地域や国際機関の要人が参列する。安倍首相は時間の許す限り、約50カ国の要人らと個別に会談する方向で調整に入っている。

国会議長による「天皇陛下(現上皇さま)への謝罪要求」や、いわゆる「元徴用工」の異常判決、海軍駆逐艦によるレーダー照射事件、軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄決定など、常軌を逸した「反日」を連発している韓国の李氏とも、会談する方向という。 あくまで、通常の「客人接遇」だが、隣国は過度な期待をしているようだ。

松川氏は「韓国側がどれぐらい真摯(しんし)な案を持ってくるか、ということだ」といい、続けた。

スポンサードリンク
「日本側が一貫して発信しているのは『徴用工問題を解決せよ』というメッセージだ。この1年ぐらい続いている。李氏が、日本企業に被害を出さず、韓国側が責任を持つかたちで、(日韓請求権)協定違反にならないような解決策を持ってくるなら、受け入れも可能だろう。日本企業に実害が生じるような案は受け入れられない。また、嫌がらせとしか思えない対日批判は止めるべきだ」 安倍首相も16日の参院予算委員会で、「まずは国と国の約束(=日韓請求権協定など)を順守することで健全な関係に戻すきっかけをつくることを求める」と通告した。
http://www.zakzak.co.jp/

2019-07-10-k003.jpg

もともと日韓問題は長年の厄介な問題として、日本は丁重に腰を低く我慢してきた。ところが韓国側がついに大騒ぎし、条約も請求権協定も、慰安婦合意までも、無視した挙句に、自衛隊機にレーダー照射したわけで、韓国側の恨みというのは朴槿恵がどれほど長い年月が経過しても謝罪すべきとしていたわけで、謝罪の要求は、金の要求でもあるのが韓国政府の卑劣な対応であるから、文大統領だけというわけではない。各大統領はそれなりの反日を続けては、日本に寄り添ったり離れたりと大忙しの結果、よからぬ人生を送ることになるわけで、文氏も同じ道をたどるのだろう。

ただ今回は、物事やりすぎには限度があるという事だ。北との統一妄想は朴槿恵同様で自国経済政策も税金投入と言う事のみで実施していることは同じ。中国と米国に足をかけて、間を行き来するのも同じ。 挙句に文氏はの汚さは司法権力を政治利用したことにある。国家間の約束は司法で変わるものでは無い。韓国政府は司法への説明責任さえ実施し無かったわけで、国家はこの時点で成立しないだろう。

関連記事

[ 2019年10月19日 18:56 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp