韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国首相が訪日へ、日韓関係の打開はなるか

韓国首相が訪日へ、日韓関係の打開はなるか

韓国・聯合ニュースによると、韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相が22日から24日にかけて訪日し、韓国政府を代表して天皇陛下の即位の礼に出席する。日本が輸出制限を発動して以来、韓国側から最高レベルの訪問となる。今回の訪日が、こう着して久しい両国関係の改善になるか外部は注目している。人民日報海外版が伝えた。

現在、日韓トップの会談はほぼ停滞状態にある。首脳間の意思疎通がない状況では、両国間の対立を解消するブレイクスルーは難しい。9月下旬の国連総会でも、安倍首相は李首相と単独で会談しなかったため、今回単独会談が実現するかどうかは未知数だ。

NHKは以前、安倍首相が式典出席時に李首相と短い会談を行うことを検討していると報じた。だが現時点で韓国国務総理室から単独会談の実施に関する発表はない。会談が行われた場合、昨年10月に戦時労働者問題で両国間の緊張が激化して以来最高レベルの会談となる。

昨年以来、日韓関係は緊張が続いている。2018年10月、韓国最高裁は日本の戦時労働者強制徴用問題について言い渡した判決で、労働者強制徴用はすでに訴訟時効を過ぎているとの日本企業の主張を退け、韓国人労働者への賠償を命じた。

スポンサードリンク
これにより日韓関係は歴史・貿易政策面での争いが急激に激化した。この判決を受けて日本は今年7月に半導体材料3品目の対韓輸出規制を強化するとともに、韓国を「ホワイト国」から除外した。これに続き韓国も今年8月に日本との「軍事情報包括保護協定(GSOMIA)」の破棄を宣言した。エスカレートする両国間の対立に国際社会は懸念を抱いている。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-10-20-k001.jpg

天皇陛下の即位礼正殿の儀に合わせて訪日する韓国の李洛淵首相が、朝日新聞の単独取材に応じている。安倍晋三首相と24日に会談する予定で、文在寅大統領からの親書を持参する可能性に言及した。文氏には元徴用工問題でこじれた日韓関係を打開したい強い意思があると述べ、今回の会談を年内の首脳会談につなげたい考えだ。李氏は「大統領は当面の問題を今回すべて解決するのが難しくても、任期内に解決されるよう望んでいる。韓日関係をとても心配している」と強調している。

日本の新天皇誕生と言う重要な場を政治利用する韓国に、安倍首相は対応している暇は無いだろう。世界各国から各首脳が来日するわけで、韓国首相などに時間を割いている暇はない。握手で親書を受け取り終わるだろう。

関連記事

[ 2019年10月20日 08:40 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp