韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  台風19号、首都圏の調節池ギリギリ…9割に到達、危機目前だった

台風19号、首都圏の調節池ギリギリ…9割に到達、危機目前だった

記録的な大雨を降らせた台風19号で、河川の水位を下げるために水を溜め、下流の東京近郊などで氾濫しないように建設された各地の大規模な調節池、遊水地が、総貯留量の9割に達していたことが、各河川事務所などへの取材で分かった。長野県や福島県などで大規模氾濫が発生する一方、東京近郊は回避できたとされてきたが、実際には目前に危機が迫っていたことが判明した。

各地の河川事務所などによると、茨城、栃木、群馬、埼玉4県にまたがり、利根川に流れ込む渡良瀬川などの水の量を調節する役割を持つ日本最大の渡良瀬遊水地は、今回の台風で総貯留量約1億7千万トンのうち、過去最大となる約1億6千万トンをため込んだ。

渡良瀬川が利根川に合流する埼玉県久喜市の栗橋観測所では、13日午前1~10時まで、水位が氾濫危険水位の8・9メートルを超えていたが、利根川から分かれて東京湾に注ぐ江戸川は氾濫危険水位に達しなかった。

また、下流に東京都葛飾区や足立区、埼玉県八潮市などがある中川や綾瀬川の水位が上がった際は、同県春日部市の「首都圏外郭放水路」で江戸川に水を流し込み、洪水を防いでいる。

スポンサードリンク
埼玉県戸田市などにまたがる荒川第1調節池でも、総貯留量3900万トンのうち、3500万トンと過去最大の水を溜めたことで、下流の東京都北区では、氾濫危険水位まで水位が上がることはなかった。
https://www.sankei.com/

2019-10-20-k002.jpg

今回の台風被害の全容はまだまだつかめきれない。このサイトの回覧数をみると、3分の一に減少している。これは東日本大震災時よりも深刻だ。それだけ広範囲に被害が広がったことを意味する。ニュースその他のネットを仕事にしている人は、自宅は大丈夫でも、仕事の収益は大きな減少となった人は多いだろう。この状態は復帰のめどは難しい。一方でグーグル検索順位は容赦なく整理される。とどめ打ちともいえる対応で、コンテンツ変更やら、他の仕事へ移行する人も多いのではないか。

私の住んでいる埼玉県川越市も荒川が氾濫したら終わりだっただろう。埼玉県は北部で甚大な被害が広がった。近年温暖化でどんどん台風勢力が拡大し、日本列島を縦断するまでに至っている。津波よりもある意味では厄介で河川の堤防の見直しが迫られる。

関連記事

[ 2019年10月20日 09:37 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp