韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  強い台風20号・台風21号 ともに北上へ 日本に影響も

強い台風20号・台風21号 ともに北上へ 日本に影響も

10月20日(日)3時現在、強い台風20号(ノグリー)は沖縄の南を、台風21号(ブアローイ)はトラック諸島近海を進んでいます。台風20号は沖縄本島地方と大東島地方の間を進み、22日(火)頃の東日本の天気に影響を及ぼす可能性があります。台風21号は今後非常に強い勢力に発達し、小笠原諸島に近づくおそれがあります。

強い台風20号(ノグリー)は、21日(月)にかけて暴風域を伴って沖縄本島地方と大東島地方の間を北上し、奄美地方の東へ進む予想です。▼台風20号 10月20日(日)3時 存在地域   沖縄の南 大きさ階級  // 強さ階級   強い 移動     北北東 15 km/h 中心気圧   970 hPa 最大風速   40 m/s (中心付近) 最大瞬間風速 55 m/s22日(火)頃には、本州の南に停滞する前線に湿った空気を送り込むか、温帯低気圧になって前線と一体化するかして、東日本などに雨を降らせる可能性があります。各国の気象モデルによって中心位置の表現が異なるものの、いずれにしても22日(火)頃の天気に影響を及ぼす可能性が高くなっています。台風19号の被災地などでも雨が降る可能性があり、少しの雨でも洪水による浸水や土砂災害等に注意・警戒が必要です。

台風21号(ブアローイ)は、発達しながらグアムの北に進み、「非常に強い」勢力となって24日(木)頃に小笠原諸島付近に達する予想です。父島などに接近する可能性があり、今後の情報に注意が必要です。

スポンサードリンク
▼台風21号 10月20日(日)3時 存在地域   トラック諸島近海 大きさ階級  // 強さ階級   // 移動     西 25 km/h 中心気圧   998 hPa 最大風速   20 m/s (中心付近) 最大瞬間風速 30 m/s世界各国の気象機関が計算したシミュレーション結果を比較すると、台風21号は小笠原諸島に近づいたあと、日本の東へ進むことを示唆するものが多くなっています。ただし、本州などへ近づく可能性もまだ否定できないため、今後の情報に注意してください。また、台風21号は海水温の比較的高い地域を進む予想のため、この先数日間は発達を続ける予想です。勢力の変化にも注目が必要です。
https://news.livedoor.com/

2019-10-20-k003.jpg

気象庁によると、過去30年間の台風の平均発生数は25.6個、そのうち日本に接近した数の平均は11.4個、平均上陸数は2.7個とされるが、今年はすでに平均を上回る数の台風が接近・上陸を果たしている。今年はこれまでに19個の台風が発生しているが、2011年から振り返ると、11月以降も台風が発生する年は多い。気象庁が1981年〜2010年までの30年間に発生した台風の平年値を計算した結果、10月には平均して3.6個、11月は2.3個、12月も1.2個発生することがあるという。

また、台風が日本に上陸する数についても、以前は年平均して2.7個にとどまっていたが、最近5年分を見ると、平均を上回る4〜6個の台風が上陸しており、今年はすでに5個が上陸している。

気象庁が観測を開始した1951年以降、上陸が最も遅かったのは▽1990年11月30日に和歌山県白浜町に上陸した28号、次いで▽1967年10月28日に愛知県に上陸した34号、近年では▽2017年10月23日に静岡県に上陸した21号が記録に残る。10月も後半に入ったが、台風は1年を通じて発生している。19号の教訓を通じて、家族で日ごろから備えてほしいと気象庁は伝えている。

関連記事

[ 2019年10月20日 09:57 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp