韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  韓国・文政権「世界の孤児」危機!? 日韓個別会談も時間は10分程度

韓国・文政権「世界の孤児」危機!? 日韓個別会談も時間は10分程度

天皇陛下が国内外に即位を正式に宣言される「即位礼正殿の儀」に参列するため、韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相が来日し、安倍晋三首相と24日に個別会談する。時間は10分程度。李氏はここで、安倍首相と文在寅(ムン・ジェイン)大統領による「11月の日韓首脳会談」を打診するとみられる。ただ、韓国がまず、いわゆる「元徴用工」の異常判決など、常軌を逸した「反日」行為を止めない限り、日本側は決して譲歩しない。

「面会は24日午前10時ごろになる可能性が高く、10~20分程度の短時間になる見通しだ」と報じた。 李氏はこの場で、今月末から来月初旬にかけてタイで開催されるASEAN+3(東南アジア諸国連合と日本、中国、韓国)首脳会議か、来月中旬のAPEC(アジア太平洋経済協力会議)首脳会議での日韓首脳会談を提案する見通しだ。 文政権は、国内外で追い込まれている。危機的な経済状況や、文氏の最側近、「タマネギ男」ことチョ国(チョ・グク)氏がスキャンダルで法相を辞任したことを受け、世論調査会社ギャラップは18日、文氏の支持率が39%と、就任以来初めて40%を割り込んだと報じた。不支持率は過去最悪の53%だった。

ナルド・トランプ米大統領は最近、事実上の「同盟」関係だったシリア系クルド人部隊を切り捨て、米軍のシリア撤退を決定した。トランプ氏は以前から「文大統領は信用できない」と公言しており、「在韓米軍撤退」「朝鮮半島の赤化統一」を掲げている文政権を見捨てる可能性が出てきたのだ。

スポンサードリンク
文政権は、中国や北朝鮮からも距離を置かれており、「世界の孤児」になりかねない窮地といえる。こうしたなか、文政権は自らが破棄決定した日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)が11月23日に失効する前に、日本との関係改善に必死になっているようだ。
http://www.zakzak.co.jp/

2019-10-21-k006.jpg

一方、韓国の文在寅政権があおる反日政策は大失敗に終わりそうだ。韓国からの訪日旅行客の支出額は大幅に減ったが、韓国以外からの訪日客で十分カバーし、全体では増加した。観光庁の7~9月期の訪日外国人消費動向調査(速報)によると、国・地域別の訪日外国人旅行消費額で、韓国は前年比32・4%減の915億円だった。 これに対し、中国は22・3%増、タイは44・3%増となったほか、ラグビー・ワールドカップ(W杯)の出場国である英国、フランス、ロシア、米国、カナダ、オーストラリアなどが好調で、全体の消費額は9・0%増の1兆2000億円を記録。韓国が減った分を補って余りある数字となった。

いよいよ文政権崩壊も秒読み段階となってきた。結局は朴槿恵と同じである。自国経済対応策が税金投入だけでの雇用確保では限界がある。成長戦略も部材を自国に切り替えるなど、政府の投資は限界値を超える。自国政府は増税に耐えきれていないわけで、不正輸出を止めた事で政府負債も増加の一途となる。歩み寄る韓国にもはや力はない。

関連記事

[ 2019年10月21日 09:56 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp