韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  文大統領「兵役期間短縮」は若者層“支持”獲得のため? いまだ終らぬ朝鮮戦争

文大統領「兵役期間短縮」は若者層“支持”獲得のため? いまだ終らぬ朝鮮戦争

朝鮮戦争(1950年~)は、いまだに終わっていない。米軍中心の国連軍と中朝連合軍は53年7月27日、休戦協定に署名した。現在も北緯38度線付近の前線が軍事境界線として認識され、朝鮮半島は南北分断が続いている。地上に残された最後の冷戦地域となっている。

終戦ではなく休戦状態であることから、名目上は現在も戦時中である。そのため、韓国と北朝鮮、そして、北朝鮮と米国とのあいだで平和条約は締結されていない。 こうした背景もあって、すべての韓国の成人男性には一定期間、軍隊に所属し、国防の義務を遂行する「兵役」義務(=徴兵制度)が課せられている。徴兵制度は韓国にとって、国防政策の重要な柱の1つでもある。

兵役は憲法で定められた国民の義務であり、兵役法に基づいて実施される。すべての男性が満18歳から満19歳までの間に徴兵検査(適性検査)を受け、身体・学力の基準に達すると、陸軍、海軍、空軍などに入隊する。良心的兵役拒否は一切認められていない。ただし、文化・スポーツ優秀成績者の兵役免除、徴兵検査不合格や、その年度の予算不足のため免除や短縮勤務となる者もいる。

除隊後も兵役義務は続き、除隊から8年間は郷土予備軍(予備役)、40歳までは民防衛隊に所属しなければならない。

スポンサードリンク
(中略) 韓国の一般国民(=特に若者層)に徴兵制度は人気がない。文氏が若者層の支持を獲得するために兵役期間を短縮したとすれば、韓国の国防政策を自分の人気取りに利用したことになる。韓国軍の「弱体化」を助長する文氏の政策を喜ぶのは誰か。それは、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長だろう。
http://www.zakzak.co.jp/

2013-12-17-wa1.jpg

北朝鮮との統一妄想を加速したい文大統領にとっては、在韓米軍は必要がない。また上記記事からすれば、徴兵制度も必要がない。だが、今の韓国では、徴兵制度があっても無くても、変わりが無いだろう。違法に徴兵制度を逃れる芸能人もいれば、他の理由で逃れる連中は後を絶たない。

70年間平和が維持された韓国で、それが当たり前となり、軍備の定期検査も不正により疎かとなり、使える軍備は限られる。一方で軍事予算は拡大し、日本と競争と化している。北朝鮮からの平和よりも、日本との領土問題となる竹島包囲網となる様では、先の見通しは暗い。

関連記事

[ 2019年10月21日 12:29 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp