韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  中国が強く反発も「日米が新型中距離ミサイル配備を協議」

中国が強く反発も「日米が新型中距離ミサイル配備を協議」

米国が日本と新型中距離ミサイルの配備をめぐる協議を始めたという。朝日新聞は22日、米軍幹部を引用し、「18日に米政府高官が訪日して防衛省、外務省、国家安全保障局(NSS)の幹部に会い、(新型ミサイルの配備について)今後どうするかを議題に挙げた」と報道した。中国の強い反発の中、韓国も配備候補地に挙がっている状況であり、日米間の議論が注目される。

米国は8月、射程距離5500キロ以下のミサイルの廃棄を骨子として冷戦時代にロシアと締結した中距離核戦力全廃条約(INF)から離脱した。ロシアが条約を無視して新しい武器を開発しているうえ、中・長距離ミサイル戦力を急速に強化している中国が抜けているため条約自体が無意味というのが米国側の立場だった。 特に中国の東風系列ミサイルに対する米国の懸念は強い。米国領グアムを射程圏に置く東風17ミサイルの場合、、マッハ8-10水準の極超音速で飛行するため、高高度防衛ミサイル(THAAD)体系など現在の米国のミサイル防衛システム(MD)では防ぐのが難しい状況だ。

このためにエスパー米国防長官はINF離脱以降、新型中距離ミサイルをアジア・太平洋地域に配備する意向を表した。その後、グアムのほか韓半島(朝鮮半島)と日本、フィリピンなどが配備地に挙がった。

スポンサードリンク
これをめぐり一部では、冷戦時代に米国とソ連のどちらか一方が先制核攻撃をしても反撃が可能で実際には戦争が不可能な「相互確証破壊」(mutual assured destruction)概念を事実上、米国が地域に適用するための措置と解釈されている。米国は在日米軍基地がある日本に新型中距離ミサイル配備を強く希望しているという。
https://japanese.joins.com/

2019-10-22-k007.jpg

米国が、米ロの中距離核戦力(INF)全廃条約から離脱したことを受け、新たに配備を検討する中距離ミサイルについて日本政府側と協議を始めたと朝日新聞は報じている。エスパー米国防長官は新型ミサイルについてアジア太平洋地域に配備する意向を示しており、日本配備の可能性も含め、意見交換したとみられるとした。

だが産経新聞は、米国防総省の担当者が「沖縄への配備計画は今のところない」と報じている。会談した国防総省の東アジア担当者は、ミサイル開発に時間がかかることが予想され、配備先を発表できる段階ではないと説明したという。報じた日付にずれがあるが、配備には時間を要する。どの国に設置するかは今後の課題となるのだろう。

自国防衛を考慮すれば、日本で必要となるのは事実。日本を含めてという事のほうが重要だろうと思うが。

関連記事

[ 2019年10月22日 15:47 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp