韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  安倍氏との面会 「対話促進の雰囲気づくりが目標」

安倍氏との面会 「対話促進の雰囲気づくりが目標」

訪日している韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は23日、翌24日に予定されている安倍晋三首相との面会の見通しについて、「(韓日関係の)状況は依然として厳しい」とした上で、「できる限り対話が促進されるよう雰囲気をつくることが目標だ」と語った。東京都内の宿泊先のホテルで韓国の記者の取材に応じた。

李氏は22日に皇居で、天皇が即位を国内外に宣言する「即位礼正殿の儀」に参列し、夜には祝宴「饗宴の儀」に出席した。

安倍氏との面会は10分程度になる予定で、李氏は「安倍首相と(の面会で)は具体的な話は出ないだろう」と述べた。強制徴用訴訟問題、日本の対韓輸出規制、韓国が終了を決めた韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)など、主な懸案に具体的に触れるには時間的な限界があることを示唆したと受け止められる。

李氏は「私が先に何かの各論を語るつもりはない」とし、日本側が話を切り出す場合、「韓国の事情を知らずに話すなら、その提案の盲点や、なぜ韓国で受け入れ難いのかを説明できるだろう」と述べた。

スポンサードリンク
饗宴の儀で安倍氏と握手し、短いあいさつを交わしたことも紹介した。李氏によると、安倍氏が先に「あさって(24日)会いましょう」と言葉をかけ、李氏は「よろしくお願いします」と応じた。安倍氏は隣に立っていた夫人を紹介したという。 安倍氏との短い会話の雰囲気について、李氏は「悪くなかった。長年の友人まではいかないが、比較的明るかった」と述べた。李氏と安倍氏は過去に私的、公的に何度も会っている。
http://www.chosunonline.com/

2019-10-23-k005.jpg

朝鮮日報は、徴用被害者慰謝料支給、日本の対韓輸出規制、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了などの複雑な問題を「一括妥結」することはできないが、中長期的に管理していこうという意味だと報じている。日本の重要な日に、安倍首相とて言葉はわきまえているという事だ。

韓国側は期待の大きさを報じているが、たかが10分の意味合いを理解していないようだ。握手と親書を受け取って終わる。そこに徴用被害者慰謝料支給、日本の対韓輸出規制、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了などの問題すら語る時間はない。

関連記事

[ 2019年10月23日 12:57 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp