韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  日韓の紛争が2020年東京オリンピックへ波及

日韓の紛争が2020年東京オリンピックへ波及

今年7月以降、日韓対立の戦線は、貿易から、軍事、さらに最近ではオリンピックにまで波及するようになっている。国際金融報が伝えた。

英紙フィナンシャル・タイムズの報道によると、韓国の一部政治家がオリンピック競技の福島県での開催に反対するキャンペーンを始めた。また、韓国政府は、東京オリンピックで旭日旗使用を禁止してほしいと、国際オリンピック委員会(IOC)に呼びかけた。

日韓両国は、戦時中の強制労働をめぐる賠償問題が原因で、激しい対立を見せており、日本の関係者は、韓国が対立の新しい戦線に来年の東京五輪を狙っているのではないかと懸念している。

昨年11月、韓国の最高裁判所は、第二次世界大戦中に強制労働させられたとする元徴用工の韓国人4人に対して1億ウォン(約920万円)を賠償するよう、日本の関連企業に命じた。

スポンサードリンク
それに対して、日本政府は、1965年の日韓請求権協定で同問題は解決済みとの立場を崩さなかった。しかし、韓国側は、その協定は国家間の請求権だけであり、個人請求権は消滅していないとの立場を示している。 しかしそれは、対立の始まりに過ぎなかった。今年7月、日本政府は、韓国向けの半導体の重要製品についての輸出規制に踏み切った。それを受け、韓国では日本製品の大規模な不買運動が起こり、韓国政府も防衛機密情報を共有する日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めた。そのようにして、両国関係は戦後「最悪」と言われるほど冷え込んだ。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-10-24-k002.jpg

韓国が大騒ぎすれば、自国メディアや日本メディアまでが引用し、韓国側は何とかなると見込んでいること自体が異常となる。今もなお原発被災者は大変な思いでいる。先日私の親の兄弟が、死亡した。福島原発まで2キロの地点に住み、結局仮設住宅を経て、私の家の近くに家を作り、新築の家で過ごすというところで、亡くなった。

一方で原発処理対応に追われているが、かなりの年月が過ぎ、復興が進んでいるいるかに見えるが、実はまだまだ難関は多い。特に燃料棒の冷却水が限界にきており、今後の対応を迫られるが、これに韓国の連中は輪をかけて異常な情報を垂れ流す。何とも汚い連中である。2020年のオリンピックに韓国など出場する資格はない。

関連記事

[ 2019年10月24日 09:19 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp