韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  ホテル・病院・すり鉢ホールのゴルフ場…金正恩の一言で撤去危機の金剛山施設

ホテル・病院・すり鉢ホールのゴルフ場…金正恩の一言で撤去危機の金剛山施設

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が金剛山観光地区内にある韓国側施設の撤去を指示した事実が23日に伝えられる中、金剛山一帯にある韓国所有の施設が関心を集めている。わが企業と政府が金剛山に所有する施設は21件と把握されている。

最も多く投資した企業は、現代グループの系列会社のうち南北経済協力事業を専門に担当する現代峨山だ。現代峨山が保有する施設は、金剛山観光地区内の有形資産は海金剛ホテル、温井閣東・西館(韓国観光公社と共同所有)、金剛山玉流館、金剛山温泉ビレッジ、九竜マウル、金剛ビレッジ、給油所、ふ頭施設、金剛山病院、事務所および宿舎などがある。このほか現代峨山は金剛山ホテル、外金剛ホテルを北朝鮮から賃借し、リモデリングおよび施設維持・保守などに投資した。

現代峨山は1998年、「金剛山観光事業に関する合意書および付属合意書」を締結した後、金剛山の海金剛-元山地域の観光地区の土地利用について、50年間の事業権を取得する見返りに9億4200万ドルを北朝鮮側に支払った。このうち現代峨山が10年間で金剛山観光事業を進めながら支払った分が5597億ウォン(現在のレートで511億円、以下同じ)だ。これとは別に、現代峨山が施設などに投じた額は累計で2268億ウォン(約210億円)に上る。これまでに現代峨山が金剛山事業に投じた資金の総額は7670億ウォン(約710億円)だ。現代峨山は2008年に金剛山観光を中止して以降、10年間で2247億ウォン(約208億円)に上る営業損失を出した。売り上げの損失だけで推定1兆5000億ウォン(約1388億円)になる。

スポンサードリンク
金剛山観光は、累積200万人の観光客数記録を目前にした2008年7月、韓国人観光客のパク・ワンジャさんが北朝鮮軍の銃弾を受けて死亡し、全面的に中断となった。中断期間が長くなるにつれ、投資した観光施設も老朽化。現代峨山は、観光中断後もしばらく金剛山にとどまり、施設の管理を行っていたが、観光中断が予想より長期化したため2011年8月に完全に撤収した。金剛山で離散家族再会行事が実施されるときだけ、現代峨山は行事進行のために施設の状態を確認した。
http://www.chosunonline.com/

2019-10-25-k003.jpg

ロイター通信は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、同国東海岸沿いの景勝地・金剛山にある韓国の施設は撤去する必要があるとした上で、北朝鮮のやり方によって近代的なものに建て替えるべきだと述べたと報じている。南北関係の冷え込みがあらためて鮮明になった。

金剛山観光事業は、開城工業団地とともに、南北の主要な経済プロジェクトであり、南北間の協力の象徴とされている。金委員長は、金剛山を視察した際、金剛山を南北関係の象徴とみなすのは「誤った考え」と主張。金剛山は北朝鮮の国土であり、ここでの観光を韓国が仕切るべきではないとの考えを示した。一方、委員長は「金剛山を世界水準の観光地にした後で、韓国の同胞たちがここを訪問するのは、歓迎する」と語っている。

韓国政府は北朝鮮にも嫌がらせを受けて、益々孤立化して行く。日本からも国らしくなれとばかりに安倍首相が語り、中国はTHAAD報復が継続し、米国は文政権を信用しない。これで韓国はどう対応するのかは、日本政府は高みの見物となる。

関連記事

[ 2019年10月25日 09:49 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp