韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  ロシア専門家が語る、中国の「UFOヘリ」の衝撃的な性能

ロシア専門家が語る、中国の「UFOヘリ」の衝撃的な性能

2019年10月25日、環球網は、中国が発表した「UFO型ヘリコプター」に対する、ロシア人軍事専門家の分析を紹介する記事を掲載した。

記事は、中国天津市で10日に開幕した国際ヘリコプター博覧会で披露されたヘリコプター「スーパーホワイトシャーク」が、「空飛ぶ円盤」のような形をしていることで内外から注目を集めたとしたうえで、ロシアの軍事専門家バシリー・カシン(Vasiliy Kashin)氏による分析を紹介した。

同氏はまず、動力について「2台のターボエンジンを備え、回転翼の他に機体に備え付けられたフィンが浮力を生み出す。設計者によれば、飛行時速は650キロに達し、既存のヘリコプターを超越する。最大離陸重量は6トンで、上昇限界は6000メートルだ」とした。

そして「最も驚くべきパラメータは、その飛行距離だ」とし、航続距離が大型爆撃機にも匹敵する2950キロに達すると説明。現代のヘリコプターでも実現できていない飛行距離であり、米国やロシアの最新ヘリでも長くて600キロだと伝えている。

スポンサードリンク
同氏はさらに「スーパーホワイトシャークは大量の驚くべきパラメータを持っている」とする一方で、一番の興味は「未来的な要素に満ちたこの武器を、いったい誰が開発したのか、ということだ」とし、博覧会で発表された資料からは計画者や研究に参加した中国企業の情報が得られていないことを伝えた。また、航空電子技術や搭載する武器の情報についても明らかになっていないと紹介した。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-10-28-k001.jpg

中国メディアが「超級ホホジロザメ」と呼ぶこのヘリは、「未来のデジタル情報戦場」を念頭に開発された「武装ヘリ」とされている。米国のAH64アパッチやCH53シースタリオン、ロシアのKa52やMi26など、性能実証済みの現代的なヘリのデザインを融合させた機体だと伝えた。B2爆撃機を含むステルス機が採用する翼胴一体型の設計も有している。機体は全長7.6メートル、高さ約3メートルで、乗組員2人のスペースを備える。計画図には外板が回転翼とエンジンを覆う様子が描かれており、こうした構造がヘリにステルス能力を付与するとみられる。

近年では中国が新たな軍事技術の開発で先頭に立っていることもあり、「超級ホホジロザメ」に注目する価値がありそうだ。

関連記事

[ 2019年10月28日 08:17 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp