韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  未分類 >  英国への密航費用、ベトナム農村部に住む人の30年分の給料に相当

英国への密航費用、ベトナム農村部に住む人の30年分の給料に相当

英国に到着した大型トラックのコンテナ内から39人の遺体が見つかった事件で、犠牲者の多くが密入国を試みたベトナム人である可能性が伝えられている。

これに関連し、中国メディアの環球網は27日付の記事で、「英メディアによると、ベトナムから英国への密航費用は、ベトナム農村部に住む人の30年分の給料に相当する」と報じた。 報道によると、英警察は当初、遺体は「すべて中国人とみられる」と発表した。だがベトナム国内で「家族と連絡が取れない」という連絡が相次いでいるという。

環球網によると、英BBCは26日付の記事で、「ベトナムからは毎年、約1万8000人が欧州に密入国していると推計される。

その目的は、家族に送金するための金を稼ぐことだ」とした上で、「国連によると、ベトナム人移民が密輸業者に支払う総額は年間2億3400万ポンド(約326億円)にも上る可能性がある」「ベトナムの人身売買防止の専門家、Mimi Vu氏によると、密航費用は人によって異なる。裕福でない人は7800~1万1600ポンド(約108万~161万円)だが、その旅は、例えば夜に森を歩くなどとても過酷だ。

スポンサードリンク
より多く支払うことができる人は3万〜3万9000ポンドで、ほとんど飛行機で移動する。ベトナムは家族中心の文化であり、すべてが家族のために行われている。3万ポンドは、ベトナム農村部に住む人の30年分の給料に相当する」などと伝えているという。
https://www.recordchina.co.jp/

ベトナムは、より良い生活を目指して英国へ密入国する人々の主要な出身国の一つで、犠牲者らは中国の偽造パスポートを所持していた可能性があるとしている。 2015年には、違法労働者の増加は中国経済が転換点に差し掛かったこともあり、中国製造業は膨大かつ廉価な労働力を背景に輸出で利益をあげてきた。しかし高齢化が進み労働者の賃金が上昇した結果、中国国内の労働力供給が不足した。

こうした中、一部の製造業は中国西部やベトナム、カンボジアに移転しているが、もう一方で違法労働者を雇用する動きが進んだ。密入国する労働者にとっても中国の仕事は魅力的だ。あるベトナム人は、中国なら毎日100元(約2000円)の給与がもらえると明かし、「稼ぐには中国は最高の場所だ。今後ますます多くのベトナム人が来るだろう」と話している。

ベトナムと言う国の体質から、今後も増加し続ける密入国問題。家族に送金するための金を稼ぐには、あまりに大きな代償となる。 ベトナム人が日本に行くルートとしては、技能実習、日本語学校や専門学校、大学などへの留学、エンジニア、経済連携協定(EPA)の看護師・介護福祉士の候補者、新聞奨学生などのルートがある。その後英国に向かったとされる。

ベトナムは近年、労働者を海外に送り出す「労働力輸出」政策を掲げ、自国民を海外に労働者として送り出している。 しかし、政府が統計を取っている正規のルートでの移住労働者送り出しだけではなく、非正規のルートでの移住労働があるほか、中には人身取引の被害に遭うケースも存在する。

関連記事

[ 2019年10月29日 09:10 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp