韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  ドラえもんグッズ収集に百万元!…目指すはギネス世界記録

ドラえもんグッズ収集に百万元!…目指すはギネス世界記録

世界にドラえもんはたったの一体。マンガのなかでは、ドラえもんが側にいてくれるのはのび太一人だけだが、マンガの外側では、半世紀近くにわたって何世代もの人に寄り添ってきた。かつてドラえもんを見ていた子供たちは今では父となり、母となったが、ドラえもんへの愛は当時と少しも変わっていない。広東省広州市に住む「70後」(1970年代生まれ)の譚さん(男性)は百万元(約1543万円)かけてドラえもんグッズを収集し、しかもギネス世界記録への申請を考えているという。譚さんがネット上にアップしたテーブルいっぱいのドラえもんフィギュアに、ネットユーザーからは「カネ持ちだなあ」というコメントが続々と寄せられている。

このドラえもんコレクターを訪ねたところ、譚さんは自分の家に「叮当楽園」(ドラえもんランド)と名前を付け、戸棚や冷蔵庫、ソファーからダイニングテーブルまで、家のなかの隅々までほとんどすべての場所がドラえもんだらけだった。コレクションの多くは数量限定版で、入手困難な物ばかりだ。一番手に入れにくかったのは、テレビ放映40周年と映画上映30周年にあたってドラえもんの公式ショップ「Doraemon’s Bell」が発売した数量限定版フィギュアで、世界で300個の限定版だ。限定数は300個だったが、一部の100個限定フィギュアよりも入手しにくかったという。

スポンサードリンク
ドラえもんグッズの収集にかけた費用について聞かれると譚さんは、「具体的にいくらかかったかは計算したことがない。自分にとっては、お金が形を変えて自分の側にいてくれるにすぎない。値段は本当に重要ではなくて、重要なのはこれらのグッズに注いだ時間と気持ち。そしてグッズたちが与えてくれる楽しさだ」と語った。熱狂的ドラえもんファンの譚さんは、大金をかけてフィギュアを収集するだけでなく、リビングルームをすっかり「ドラえもんルーム」に改造してしまった。そしてギネス世界記録に申請するつもりだと語った。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-10-30-k001.jpg

東アジアにおいて、アニメと言えば日本。アニメ好きの多くのグループが日本語で歌を歌うのを聞くとさすがに驚く。韓流ドラマの比ではない。日本の国の場所を聞くと、インドネシアの日本で言いう田舎にあたる地域では、韓国と答える人たちが多いのに驚く。しかしアニメは日本と答えるから不思議だ。中国においても日本アニメは大流行だ。アニメ映画は常に上位に来る。記事にある様にドラえもんコレクターたちは多いのだろう。

「千と千尋の神隠し」や「となりのトトロ」など、多くの日本アニメが中国で上映された。日本アニメは子どもから大人まで幅広い年齢層から支持されている。中国に日本アニメが入ってきたのは日中国交が回復してからとなる。その後、中国の地上波で鉄腕アトムやドラゴンボールなどが放送されるようになった。これらのアニメを見て育った世代が、今では30代、40代になっている。

関連記事

[ 2019年10月30日 08:25 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp