韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  米FRB、3回連続利下げ 0・25%、景気悪化予防当面の金融緩和休止を示唆

米FRB、3回連続利下げ 0・25%、景気悪化予防当面の金融緩和休止を示唆

米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)は30日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利の引き下げを決めた。7月と9月に続く3回連続で、下げ幅は同じ0・25%とした。米中貿易摩擦の長期化で製造業の活動低迷を警戒し、金融緩和で景気悪化を未然に防ぐ。

FRBは会合終了後の声明で、前回までの「景気拡大を維持するために適切に行動する」との表現を削除。「適切な金利水準を見極める」と説明、利下げを当面打ち止めとする考えを示唆した。

パウエル議長は記者会見で、今回の利下げは米中対立など「進行中の下振れリスクへの保険」と説明した。その一方、米中両政府が貿易協議の部分合意署名を目指すなどリスクは弱まる方向にあるとして「今の金融政策が適切だ」と強調した。現時点で「利上げは考えていない」とも付け加えた。

FRBは主要政策金利を年1・50~1・75%とし、31日から適用する。
https://www.sankei.com/

スポンサードリンク
アメリカの中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)は、日本時間の31日未明、追加の利下げを決定した。9月に続き、3回連続となる。FRBは、米中貿易摩擦による景気悪化を防ぐため、政策金利を0.25%引き下げ、1.5~1.75%にすると発表した。利下げは、市場の予想通りで、2019年7月以来、3回連続で踏み切った。

2019-10-31-k003.jpg
連邦公開市場委員会(FOMC)後に記者会見するパウエルFRB議長

米中貿易摩擦は、経常収支の 所得-内需 となる内需の縮小が続いている。輸入品への消費意欲が強い米国民は、製造を委託し輸入品を購入することで消費意欲を高めているという体質がある。開発中心の国であるから、製造が弱く、製造を中国に委託することで、安く良い商品を輸入に求めてきたわけで、経常収支が赤字でも、所得以上に内需の拡大が大きかったわけで、ところがトランプ大統領により、中国からの輸入が減少した事で、消費意欲が低下し、結局内需縮小せざる負えなくなった。

結果、米国経済は内需活性化に助けられてきた経緯があるだけに実は深刻だ。副業ができる環境にある中国は、その環境はいまだ保たれており、地方との所得格差は広がったが、米中貿易体力としては、経済成長率は6%以上を維持している。失業率は7%ガイドラインと言われるが、副業がそれを助ける構図であり、副業が無くなるにはシャドーバイキングにも影響がでて、不動産崩壊につながりかねないのだが、過去に数回あったのみで今はまだ確認されていない。

韓国にとっては自国通貨危機と言う面で見れば生き延びた結果だ。時間稼ぎになるだろう。米中貿易摩擦は韓国通貨危機を緩和するわけで、今年はこのまま行けば回避できる可能性が高まったともいえる。一方で自国経済の低下がジワリと自国民に増税と言う形で押し寄せることになる。

関連記事

[ 2019年10月31日 09:20 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp