韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  東京五輪で日本旅行ブーム到来、開催期間中の東京への航空券・ホテル価格2倍

東京五輪で日本旅行ブーム到来、開催期間中の東京への航空券・ホテル価格2倍

2020年東京オリンピックの開幕まで270日を切った。アリババグループ傘下の旅行予約プラットフォーム「飛猪(Fliggy)」」はこのほど「宿泊予約で五輪観戦チケット贈呈」を謳った東京五輪ツアー商品を発売すると発表した。ツアー価格は9999元(約15万円)から18万9999元(約285万円)までさまざまという。

2017年1月、国際オリンピック委員会(IOC)とアリババグループは、スイス・ダボスにおいて、双方が2028年までの長期パートナーシップ合意に達したと共同で発表した。 アリババの賛助金総額は8億ドルを上回り、双方のグローバル協力収益は、2018年平昌冬季五輪、2020年東京五輪、2022年北京冬季五輪および2024年・2026年・2028年に行われる夏季・冬季五輪をカバーする。

IOCは、アリババとの契約より前に、12社のTOP(最高位)スポンサーと契約を締結している。その12社とは、コカ・コーラ、P&G、ダウ・ケミカル、VISA、マクドナルド、GEの米国企業6社および日本のブリヂストン、パナソニック、トヨタ自動車、韓国のサムスン、フランスのグローバルITコンサル企業アトス、スイスのオメガ。

スポンサードリンク
飛猪が今回発売するツアーは、「客船ホテル宿泊+五輪チケット」と「ホテル宿泊+五輪チケット」の2種類で、対象宿泊期間は2020年7月24日から8月6日まで。 これらのツアーはいずれも、2名1室の1室あたり料金で、最低価格のツアーは、東京都内のホテルに2泊し、五輪チケットが2枚付いて9999元、最高価格のものは、豪華客船のキャビンに5泊して、開会式チケット2枚と8枚の観戦チケットがついて18万9999元。このうち開会式の席はAゾーン、観戦する競技は中国人が最も注目するバドミントン、柔道、水泳、卓球となっている。
https://www.recordchina.co.jp/

韓国には東京オリンピックボイコットで出場してほしくはないが、東京オリンピックで盛り上がるほどに日本に歩み寄りを見せるだろう。何かにつけて五月蠅い連中である。 東京オリンピック終了後に、またよからぬことを垂れ流すのは目に見えている。韓国は出場するに値しない。

一方記事では、東京オリンピックは2020年7月24日から8月9日まで開催される。日本の観光庁は、来年の東京オリンピック開催によって、日本旅行ブームがさらに高まり、通年の観光客数は約4000万人に上ると予測しているという。澎湃新聞の報道によると、昨年の統計データから見て、2018年末時点における東京都内のホテル客室総数は17万6000室で、今年6月までにIOCはすでに4万6000室を予約、確保した。残りの客室では、多くの外国人観光客に対応することは難しく、東京エリアのホテル客室不足は1万7000室、大阪の不足数は1万4000室にそれぞれ上るとしている。

韓国からすれば羨ましい限りだろう。来年の韓国は景気大低迷でオリンピック出場どころではないのでは。

関連記事

[ 2019年10月31日 09:40 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp