韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  トランプ大統領「韓国は最悪」、一度も経験したことがない事態

トランプ大統領「韓国は最悪」、一度も経験したことがない事態

米国のトランプ大統領が就任直後「韓国は最も米国につけこむ国だ。中国と韓国は右側と左側からわれわれを食い物にしている」と発言していたという。ジェームズ・マティス元国防長官のスピーチライターだったガイ・スノッドグラス氏が自らの著書で明らかにした内容だ。トランプ大統領が「韓国は毎年600億ドル(約6兆5000億円)を払わなければならない」と言い、ティラーソン元国務長官も「(トランプ)大統領の目に韓国は(同盟の中で)最悪」と語っていたそうだ。

トランプ大統領が同盟の価値を軽んじていることはもはやニュースにもならない。しかし彼の頭の中で韓国が「最悪」と認識されているという証言は衝撃的だ。「韓国に対して個人的な感情でもあるのか」と考えてしまうほどだ。即興的で公私の区別がないトランプ大統領は個人的な感情や先入観を自らの政策に反映してしまう人物だ。彼はわずか数カ月前にも韓国を念頭に「すごい金持ちなのに『われわれをあまり好きではない国』を守るため、多くの金を失っている」と述べたが、この発言からもトランプ大統領の就任時の考えは変わっていないと言えるだろう。

実際に今も行われている防衛費分担金交渉で米国はこれまでの5倍以上の負担を韓国に求めているという。しかもトランプ大統領は「北朝鮮のミサイルは韓国を狙ったものなので、特に問題にはならない」として韓国国民の安全には関心を示していない。

スポンサードリンク
米政府内にはトランプ大統領をけん制できる影響力のある人物も残っていない。トランプ大統領はシリアからの米軍撤退を衝動的に決めたが、今後同じような事態が韓半島で起こらないとも限らないだろう。(略)  米国の大統領と良好な関係を維持するのは重要なことだ。しかしその目的が大韓民国の安全と国益ではなく、国内向けの政治イベントであるなら問題はさらに深刻だ。肝心なトランプ大統領の韓国に対するいびつな先入観も少しも変わっていないどころか、逆に一層悪化し、もはや常識の範囲をも外れようとしている。だとすればこれまで韓国は外交政策でいったい何をやってきたのか。
http://www.chosunonline.com/

2019-10-31-k005.jpg

韓国の立場はこうだ。 金を払っているのだから国を守るのは当然。と言う上から目線。 自分たちが弱いために、北朝鮮の脅威から守ってもらっているという気持ちはない。 朝鮮戦争で北朝鮮に制圧される直前に米軍に助けられたという気持ちはすでにない。従って自分たちが守られているための分担金と言う気持ちではない。後出し我儘韓国政府では、統一に向けて動いているのに邪魔なのが在韓米軍とさえ思っているだろう。

なので米国と韓国は、かみ合うはずもない。 陰に隠れて北朝鮮へ不正輸出し、世界で決めたルールすら守らない韓国である。まだ金正恩のほうが普通に見えるから不思議である。異常値越えの韓国は、世界からどう思われているかなどどうでも良いわけで、自分達だけが良ければそれで良いという自己都合でしかない。であるから協力性と言うのに大きく劣る。騒げば何でも解決すると思っているアホ連中である。

関連記事

[ 2019年10月31日 12:41 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp