韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  未来でも元慰安婦の「リアルな声」が聞ける?韓国団体がAI証言機を開発

未来でも元慰安婦の「リアルな声」が聞ける?韓国団体がAI証言機を開発

2019年10月28日、韓国・JTBCは「忘却と闘う慰安婦被害者のために人工知能(AI)が活用される」と伝えた。

韓国政府の認定を受けた元慰安婦240人のうち、生存者は20人となった。JTBCによると、未来でも元慰安婦の「リアルな証言」が聞けるよう、米国の慰安婦関連市民団体が韓国の西江大学と協力し、AIで「仮想の元慰安婦」を製作している。

その方法は、韓国人元慰安婦のイ・ヨンスさんの1000の証言を録画してデータベースを作り、そこに対話型AIを連結させるというもの。モニターに映るイさんに質問すると、コンピューターが音声を認識し、回答を得られるという。

この「AI証言機」は米国の学校への普及を目標に作られているという。同団体のキム代表は「米国には慰安婦問題になじみのない学生が非常に多いため、教育する際に役立つ」と話している。

スポンサードリンク
一方、イさんは「生きている被害者であることを知ってほしかった」としつつも、「なぜ(慰安婦問題解決のために)ここまでしなければならないのか、とてもつらい」との思いを語っている。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-11-01-k003.jpg

そもそも、みすぼらしい作りで、世界中に建造している慰安婦像と言うのも、異常を通り越しているだけでなく、しっかりとした建物内に置かれているわkでもなく、ただ作ったというだけでしかない。これでは作らないほうがマシだろう。単なる趣味化している感があり、他の事にその意欲を使ってほしいものであるが。

関連記事

[ 2019年11月01日 08:34 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp