韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  「韓国・文議長の謝罪がなければ」日韓会談は拒絶! 山東参院議長が決然姿勢

「韓国・文議長の謝罪がなければ」日韓会談は拒絶! 山東参院議長が決然姿勢

山東昭子参院議長が、日本国民の怒りを代弁し、毅然(きぜん)とした姿勢を示した。慰安婦問題に絡み、譲位前の天皇陛下(現上皇さま)に謝罪を要求する常軌を逸した非礼発言を行った韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長に対し、正式な謝罪と発言撤回がなければ「個別会談するつもりはない」という書簡を送っていたのだ。

文議長は11月4日に国会内で開かれるG20(20カ国・地域)国会議長会議に出席するため来日予定だが、今年2月、許しがたい発言を連発して、多くの日本国民を激怒させた。 米ブルームバーグ通信のインタビューで、昭和天皇を「戦争犯罪者だ」と事実誤認も甚だしい暴言を吐き、譲位前の上皇さまを「戦争犯罪の主犯の息子だ」と発言。さらに、「慰安婦問題の解決には、天皇の謝罪が必要だ」と言い放ったのだ。

日本側は厳重に抗議し、発言の即時撤回を要求したが、文議長は「私に謝罪しろとは何事か! 盗っ人たけだけしい」と逆ギレした。永久に「日本入国禁止」にしてもいいぐらいの人物といえる。山東氏は、国会議長会議のホストという大役を務める。文議長を招待しないわけにいかないが、「国権の最高機関」のトップとして、決然とした姿勢を見せていた。

スポンサードリンク
山東氏はさらに、文議長が正式な謝罪と発言撤回がなければ「個別会談するつもりはない」という書簡も送っていたことになる。 昭和天皇の写真をバーナーで焼き、灰を足で踏みつける映像作品の公開を認めた某県知事など、足元に及ばないほどの愛国者といえる。
http://www.zakzak.co.jp/

2019-10-29-k002.jpg

日本では反日行為が強い芸能人などは入国を止めている。あまり報じないが、意外と入国できない芸能人はいる様だ。一方政治家についての入国ストップは聞いたことがない。むしろこういう連中こそ止めるべきだろう。日本にとって害しかない。文議長が訪日できること自体が、日本の対応間違いともいえる。反日芸能人を止めているくらいであるから、当然拒否すべきことであると思うが。

こういう部分で日本政府の対応は悪い。韓国無視する立場が、卑劣な政治家を日本に来させるのを許可すること自体が問題であるから、政府内でも対応策或いは法案を見直してほしいものである。

関連記事

[ 2019年11月01日 09:16 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp