韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  テスラ上海ギガファクトリーが生産可能に、週3000台の見通し

テスラ上海ギガファクトリーが生産可能に、週3000台の見通し

米電気自動車(EV)大手テスラの陶琳グローバル副社長は29日に開催された上海都市説明会のブリーフィングで、「テスラの上海ギガファクトリーで生産する製品は、必ず世界レベルの品質に到達する」と述べた。米国工場の多くの技術が上海ギガファクトリーにも応用され、必要に応じてバージョンアップもされており、同ファクトリーは効率を向上させると同時にコストを引き下げることを実現した。中国新聞網が伝えた。

陶副社長は、「テスラ上海ギガファクトリーにはすでに生産能力が備わり、現在は関連の審査・許認可プロセスを待っているところで、終わればすぐに生産と販売をスタートできる。第1段階の予想では週当たり生産台数は3000台に達する見込みだ」と述べた。

2回目となる中国国際輸入博覧会への出展メーカーとして、陶副社長は、「輸入博はテスラによい宣伝効果をもたらした。今年の輸入博には、ロビン・デンホルム会長が初めてテスラ会長として中国を訪れ、会場でみなさんとテスラの一連の理念を共有する。テスラは輸入博を通じ、テスラとは単なる製品ではなく、自動車の背後に未来の運転や技術への理解があることをみなさんに知ってもらいたい」と強調した。

スポンサードリンク
陶副社長は上海のビジネス環境に言及し、「良好なビジネス環境のおかげで、テスラのイノベーションのたくさんのアイディアが実現した。現在の発展状況から考えて、上海をテスラ初の海外工場に選んだのは、正しい選択だった」と述べた。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-11-01-k005.jpg

中国の工場の生産能力は年間15万台で、カリフォルニア州フリーモントの第2世代Model 3のラインをよりシンプルに、そして費用対効果を高くしたものになるとのこと。同社はまた、第2世代Model 3のラインは、フリーモントとネバダ州スパークスのギガファクトリーのModel 3関連のラインより、ユニットあたりの費用は少なくとも50%安くなるとしている。

また今年9月、テスラ社が現在中国の上海に建設中のギガファクトリー3で生産される電気自動車用のバッテリー供給に関し、LG化学と合意した。 テスラはパナソニックと合同でバッテリーを生産しており、ネバダ州にあるギガファクトリーでは、LG化学がテスラがバッテリー事業に共に取り組む二番目の企業になったと伝えている。

関連記事

[ 2019年11月01日 11:44 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp