韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国で韓国旅行検索しても結果表示なし…韓国映画・ドラマも消えた

中国で韓国旅行検索しても結果表示なし…韓国映画・ドラマも消えた

韓国観光公社によると、今年1月から9月までに韓国を訪れた中国人は444万1080人で、前年同期より27%増加した。しかし、THAAD報復直前の2016年(1-9月・633万4312人)と比べるとまだ30%以上少ない状況だ。

2017年3月に始まった旅行の限韓令は、2017年10月の「三不合意」直後から少しずつ解除されているかのように見えた。中国の各旅行会社が北京や山東をはじめとする6省・市で韓国観光ツアーの販売を再開したからだ。ところが、まだ韓国旅行ツアーについては「四不」が続いているというのが旅行業界の説明だ。

四不とは、韓国ツアーに関連する「インターネット広告」「クルーズ利用」「チャーター機利用」「ロッテ免税店などロッテ関連ツアーコース」を禁止することだ。ロッテはTHAAD用地を提供したため報復の対象となっている。

旅行業界関係者は「中国の旅行客はほとんどがインターネットやモバイルでツアーを探すため、これを阻むことは、腕を縛っておいて『思いっきり野球をしろ』と言っているようなものだ」と話す。

スポンサードリンク
韓国政府がこうした動きに対して改善を要求するたび、中国政府は「業界の決定」だとして責任逃れをする。しかし、CTSなどの中国の大手旅行会社がどこもホームページに韓国ツアーを掲載していないのは政府の指示がなければ不可能だ、というのが業界関係者の話だ。
http://www.chosunonline.com/

2019-11-01-k006.jpg

中国旅行客が増加と言っても、韓国の土地買収ではないのか。 挙句に韓国の大気汚染は尋常ではない。またみるべき観光名所は少ない。せいぜい免税店巡りでは困りごとだろう。 韓国のサービス収支は赤字であるから、せめて旅行場所のインフラくらいしっかり実施してほしいものである。

慰安婦像などを作るよりも、観光地整備の方が重要だろうと思うが。一方で済州島では、中国人富裕層による土地買収に、中国人による売店などで、地元の個人事業者や零細企業を圧迫している。

関連記事

[ 2019年11月01日 11:57 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp