韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  「3不」に足を引っ張られる韓国…中国はTHAADを突破するミサイルを開発

「3不」に足を引っ張られる韓国…中国はTHAADを突破するミサイルを開発

韓国政府が中国に「高高度防衛ミサイル(THAAD)による3不」を約束した後、韓国軍は一度もこれに反する意見を出したことがない。米国のミサイル防衛(MD)システムへの不参加について、韓国国防部(省に相当)は「米MDに編入され得ないということが韓国軍の立場」というメッセージを固守している。

THAADは、追加配備を論ずる以前に、韓国国内に持ち込まれている星州のTHAADすらまだ臨時配備の状態だ。韓米日軍事同盟の不推進は、日本との対立、米国との防衛費分担金増額要求問題で自然と守られている。

その間に中国は、韓国を脅かす軍事力増強に没頭した。中国は最近、建国70周年軍事パレードで東風17(DF17)極超音速弾道ミサイルを公開したが、これは在韓米軍を狙ったものだと露骨に明らかにした。DF17はマッハ8-10前後のスピードで飛行し、THAADでも防ぐのは難しいといわれている。レーダーで探知されても飛行コースを変える滑降が可能なので、迎撃対応も難しい。

今年7月にはロシア版THAADと呼ばれるS400防空ミサイルシステムを、契約より数カ月前倒しで配備した。中国は既に昨年7月、ロシアからS400の1次引き渡し分を受領しており、今回は2次配備になる。

スポンサードリンク
S400防空ミサイルは2007年からロシア軍に実戦配備されている中長距離地対空ミサイルシステムで、低高度を飛行する巡航ミサイルや戦術弾道ミサイル、軍用機などをいずれも迎撃できる。このS400は、F35ステルス戦闘機を探知・迎撃できるともいわれている。 韓米日三角安保協力体制が揺らぐ間に、朝中ロは軍事的蜜月関係へ突入した。北朝鮮は新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)、イスカンデル級弾道ミサイル、新型放射砲(多連装ロケット砲)など、韓国軍のミサイル防衛システムを無力化できる新たな戦力を誇示している。
http://www.chosunonline.com/

2019-11-01-k008.jpg

2017年3月6日、在韓米軍烏山空軍基地にTHAADミサイルが到着した。2017年4月26日、未明に在韓米軍がTHAADシステムの核心装備であるレーダーと交戦統制所、発射台などを星州ゴルフ場に搬入した。2017年7月28日、北朝鮮のミサイルを発射を受けて、文在寅大統領は米軍基地内で保管中の残り4基についても、環境評価完了前に臨時配備という形で追加配備する方針を明らかにし、2017年9月7日、残る発射台4基と工事用装備・資材などを搬入した。これにより、6基全ての設備が揃い、THAADシステムの本格運用が始まることになるはずだった。

配備が、仮であれ、性能評価を実施したのだろうか。撃ち落とすテストを韓国軍が実施した事例は聞いたことがない。配備から2年、すでにほこりがたまり、さび付いているのではないのか。今の状態では、北朝鮮がミサイルを放っても撃ち落とせないだろう。

関連記事

[ 2019年11月01日 18:52 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp