韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  日本との外交摩擦で激務を余儀なくされる韓国外交部アジア太平洋局

日本との外交摩擦で激務を余儀なくされる韓国外交部アジア太平洋局

韓国政府の対日外交を担当する外交部(日本の省庁に当たる)アジア太平洋局は最近、外交部職員たちの間で「ア太炭鉱」と呼ばれている。強制労働で悪名高かった北朝鮮のアオジ炭鉱から派生した言葉で、昨年10月30日に最高裁判所によって強制徴用賠償判決が下されて以降、悪化の一途をたどっている日本との外交摩擦の解消に向け、連日連夜にわたる過酷なスケジュールを余儀なくされているといった意味だ。アジア太平洋局の職員たちは互いに「おい、ア太炭鉱の同志たちよ、ご苦労であった」と北朝鮮なまりの語調で冗談交じりのあいさつを交わしている。

10月29日、外交消息筋によると、日本との実務に責任を負っているイ・ミンギョン・ア太1課長は過酷な勤務により、9月に椎間板ヘルニアの手術を受けた。強制徴用問題だけではなく、今年8月に政府が破棄を宣言した韓日の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)問題まで重なり、業務量が急増したためだ。最近では天皇即位式、イ・ナクヨン総理の訪日業務まで加わった。イ・ミンギョン課長の上司であるキム・ジョンハン・アジア太平洋局長は、夜を明かして早朝4-5時ごろに軽くシャワーを浴び、再び出勤するのが茶飯事となった。キム局長を補佐する書記官クラスの職員たちも、こうした雰囲気の中、「自ら夜勤」を選択しなければならない状況だ。

スポンサードリンク
アジア太平洋局の職員たちは、GSOMIAの破棄決定撤回期限(11月22日)を前に戦々恐々としている。米国の「引き止め」にもかかわらずGSOMIAが破棄されれば、韓米関係の硬直は避けられないばかりでなく、その余波は11月25日に釜山で開催される「韓国・ASEAN(東南アジア諸国連合)特別首脳会議」にも及ぶものと見られているためだ。前職高位外交官は「GSOMIAの破棄が及ぼす外交的影響は十分に予想されていたが、これを積極的に政策に反映することができなかった外交部の業報」と言った。
http://www.chosunonline.com/

2019-10-21-k005.jpg

韓国は日韓条約において、条約を守らない国と言うガイドラインを超えた事で、手遅れとなった感がある。当然と言えば当然だが、韓国に興味がない日本国民でさえ、さすがに韓国の卑劣さを感じている様だ。もともと嫌韓サイトやら、韓国に関する言動は一部の国民にしか興味がなかった。このサイトのニュースも、いつしか韓国の卑劣さを中心に伝える事が多くなった。 メディアを通じて、次第に日本国民の嫌韓意識が関心が高まったともいえる。

今では韓国と条約を凍結をしても、また後出しで嘘をついて条約を破るだろうとの意見は多い。韓国は他国と付き合うことは出来ない国と化しているわけで、今後、経済、消費低迷、失業率悪化、負債増で、さらに加速するだろう。

関連記事

[ 2019年11月03日 09:23 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp