韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  2019年度の年金制度国際ランキング、中国は日本より上

2019年度の年金制度国際ランキング、中国は日本より上

2019年11月4日、米華字メディアの多維新聞は、「2019年度の年金制度の国際ランキングがこのほど発表された」とし、「先進国である日本の順位が、発展途上国の中国より下であることに注目が集まっている」と報じた。 記事はまず、「日本経済新聞の4日付報道によると、米コンサルティング会社マーサーがまとめた2019年度の年金制度の国際ランキングで、日本の年金制度は先進国を中心とする37の国と地域のうち31位だった。それに対し中国は、日本より上の30位だった」と伝えた。

そして、日本経済新聞が「マーサーは日本の年金制度を『改善がなされなければ、年金制度の効果と持続性には疑義が生じる』と指摘している」とした上で、「日本の総合指数(0~100)は48.3となり、18年度に比べると0.1ポイント上昇した。改善は3年連続。総合の格付けは7段階で2番目に低い『D』で変わらなかった」「評価が低かったのは、私的年金の加入率や国の借金などから成る『持続性』の項目だ。格付けは最低ランクを表す『E』だった。

政府債務の多さや私的年金の加入を強制していない点などが評価を押し下げた」「一方、年金の所得代替率(現役会社員の賃金水準に対する高齢夫婦世帯への年金額の割合)などを評価する『十分性』は『C』となり、指数も改善した。確定拠出年金などに税制優遇措置を設けていることや、株式といった成長性の見込める資産に年金資金を投じていることなどが評価された」と伝えていることを紹介した。

スポンサードリンク
記事はまた、ランキングについて「首位はオランダ、2位はデンマークで前年と変わらなかった。3~5位は、オーストラリア、フィンランド、スウェーデンと続いた」とし、「これらの国は、平均余命に合わせて公的年金の支給開始年齢が変動する仕組みを取り入れており、『持続性』の評価が高かった」とも伝えている。
https://www.recordchina.co.jp/

私の年代で年金受給の満額が65歳です。企業定年は60歳でしたので、空白の5年間は大きいです。まして家などの不動産を持っている人は丁度買い替え或いは建て替えの時期と、ロー返済の終わり時期とが重なり、自宅の建て替え費用やら新規購入を考慮すれば、退職金は、頭金でなくなりますからね。

従って空白の5年間はアルバイトなどで生活を維持しないとなりません。これが定年65歳となり、年金が70歳となるほどに厳しくなるのではと感じます。空白があること自体が貯金切り崩しにつながり、一向に楽な定年生活は送れそうにありません。と考えれば定年はバラ色の生活では無く、特に奥さんは働いて、旦那はアルバイトなんてことは多いのではないでしょうか。

日本の年金制度は先進国を中心とする37の国と地域のうち31位だったと掲載してますが、昔は良かったわけで、現状は非常に厳しいという感じを受けます。アルバイトすらできない状態の人は、本当に大変でしょう。また今後の若い人たちへの希望を考慮すると、もう一つ二つ改善が必要だろうと考えます。

関連記事

[ 2019年11月06日 08:53 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp