韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  9月の経常黒字74.8億ドル 11カ月ぶり高水準も輸出減少続く

9月の経常黒字74.8億ドル 11カ月ぶり高水準も輸出減少続く

韓国銀行(中央銀行)が6日発表した国際収支(速報値)によると、9月の経常収支は74億8000万ドル(約8170億円)の黒字だった。黒字幅は前年同月(110億1000万ドル)を下回ったものの、昨年10月(93億5000万ドル)以来11カ月ぶりの高水準だった。モノの取引(輸出入)で発生する商品収支(貿易収支に相当)の黒字拡大が追い風となった。

9月の商品収支の黒字は88億4000万ドルだった。昨年10月(106億5000万ドル)以来の大きさながら、前年同月(130億1000万ドル)比では低調なままだ。輸入よりも輸出の減少率のほうが大きかったため。

9月の輸出額は460億1000万ドルで前年同月比10.3%急減した。米中貿易摩擦などの影響で世界貿易量の伸びが鈍化している上、半導体の景気回復の遅れも響き、10カ月連続のマイナスとなった。輸入額も3.0%減の371億7000万ドルと5カ月連続の減少。家電製品や乗用車など消費財の輸入が増えた半面、原油価格の下落で原材料輸入額が減った。

サービス収支は25億1000万ドルの赤字で、前年同月から3000万ウォン拡大した。このうち輸送収支が3億2000万ウォンの赤字に転落した。

スポンサードリンク
一方、旅行収支の赤字は7億8000万ドルで前年同月(11億5000万ドルの赤字)に比べると改善した。韓国人の出国者数が7.9%減少したのに対し、外国人の入国者数が14.2%増加したため。日本の対韓輸出規制後に日本を旅行する韓国人は減っており、9月は前年同月比58.1%急減した。韓国を訪れる日本人は1.3%増えた。 給与・賃金と投資に伴う利子や配当を差し引きした所得収支(第1次所得収支)は14億ドルの黒字で、前年同月(9億7000万ドル)を上回った。韓国企業が海外の現地法人から受け取る配当金が要因とされる。
http://www.chosunonline.com/

2013-12-16-tpp.jpg

経常収支が黒字と喜んでいるが、経常収支が所得-内需で考慮すれば、所得以上に内需が縮小しないと黒字にはならない。それが今の韓国である。しかも輸出は減少を続けている。米国の様に所得以上に内需が活性化し、経済発展を遂げてきたことを考慮すれば経常収支赤字の米国は良い赤字となり、韓国は悪い黒字となる。

今の韓国にどんな数値を並べたところで上記は変わらない。仮に大手企業利益が増加したとしても、外資系企業である以上、株主優先となる。株主還元で、約9割の自国民を抱える中小企業への恩恵はない。

関連記事

[ 2019年11月06日 09:44 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp