韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国人が「日本旅行」をひっそり再開?

韓国人が「日本旅行」をひっそり再開?

2019年11月4日、韓国・毎日経済は、「日本ボイコット運動が続く中、一部の若い世代を中心に安い航空券を利用して趣味を満喫したりショッピングを楽しんだりする『隠れ日本旅行』がひっそりと再開されている」と伝えた。

記事は、このような兆候は「特に特定ブランドの商品を韓国より日本ではるかに安く買える場合によく見られる」と指摘している。ソウルに住む会社員のノさん(34)は今月、友人と東京に「iPhone購入」旅行に行くという。9月に発売されたiPhone11シリーズの販売価格は韓国よりも日本の方が安いため、日本でiPhoneを買いつつ海外旅行を楽しむことにしたそうだ。ノさんは「日本と韓国のiPhoneの価格差は航空券代以上だ」と話したという。

また記事は「日本ボイコットの影響で航空券が値下がりしたことが『隠れ日本旅行』を後押ししている」とも指摘し「航空券の価格比較サイトで金曜日に韓国を出発し、日曜日に帰国する往復航空券の最低価格を調べた結果、東京は約16万ウォン(約1万5000円)、大阪は約11万ウォンだった」と伝えている。鉄道マニアのユンさん(32)は、8月ごろ日本旅行で鉄道に乗り趣味を満喫した。30日ほどの日程で約500万ウォンを使ったが、往復の航空券はたったの13万ウォンだったという。来月、東京旅行と大阪旅行を計画した会社員のイさん(32)も航空券の価格を考慮に入れたという。

スポンサードリンク
ユンさんは「日本ボイコット運動が気になり、日本で撮った写真をSNSにあまりアップできなかった」と話した。しかし「日本ボイコット運動の趣旨は理解するが、正しい歴史認識さえ持っていれば日本旅行に行っても問題ないと思う」「自発的な反日運動は止められないが、だからといって不買運動を強制するべきでない」と主張したという。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-11-07-k001.jpg

訪日韓国人が減少で云々と言うニュースを至る所で目にするようになった。しかし、韓国人の日韓往来数は年間で200万人前後である。2018年が異常値なだけで、高い失業率と自国経済低迷で職探しの側面が強い。今年はそれでも500万人近い韓国人の日韓往来数となりそうだ。

韓国人観光客が減少し、ある地域では大変だというニュースが独り歩きする。2018年と比較すれば異常値だが、それ以前の200万人前後と比較すればまだ多い。訪日ボイコットが緩和すれば、その反動は大きくなり、また韓国人観光客は増加する。と言っても職探しと言う面のほうが大きいわけで、メディアは正確に報じないと、韓国旅行者だけの問題として独り歩きしてしまう。現実はそうではない。

関連記事

[ 2019年11月07日 09:15 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp