韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  「日本では日韓首脳の対話がなかったことに」と韓国メディア、ネットから嘆きの声

「日本では日韓首脳の対話がなかったことに」と韓国メディア、ネットから嘆きの声

2019年11月7日、韓国・JTBCは「日本政府は韓国と外交的和解に向けた努力を全くしていない」と批判し、4日に行われた日韓首脳による対話も「なかったことになっている」と指摘した。

日本外務省のウェブページには、今週初めにバンコクで開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議に関する写真が掲載されている。安倍晋三首相が4日の会議で発言する様子をはじめ、中国やインドなど7カ国の首脳らと会談する様子の写真が見られる。また、首相官邸のウェブページでは米大統領補佐官の表敬を受ける様子も紹介されている。

これに関しJTBCは「4日に行われた文在寅(ムン・ジェイン)大統領との歓談の写真が見当たらない」と指摘している。さらに「写真だけでなく、11分間行われた歓談の事実は文章でも紹介されていない」「外務省は歓談当日にも、短い報道資料を通じて安倍首相が文大統領に日本の立場を改めて伝えた事実のみを強調した」とし、「韓国大統領府が両首脳の対話について詳細に説明し、写真まで公開したことと非常に異なる」としている。

スポンサードリンク
その上で「日本政府が首脳同士の歓談の意味まで縮小しようとしているため、当分の間、日韓対立の解消は期待できないだろう」と伝えている。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-11-04-k005.jpg

私も11分の会談と掲載している記事がありますが、正式な会談ではないです。ただ立ち話が座っただけの話で、呼び止められて応じただけであり、公式スケジュールしたことでは無い。なので安倍首相は再度条約を守ってほしいとの事を伝えたにすぐない。韓国メディアは拡大掲載しているだけの事。

日本政府の姿勢は国として、”国家間の約束を守れ”が日本政府の立場であるから、韓国は司法に関係なく、国家間の約束を守ると答えるしかない。それができないのならば、日韓協力すらできないわけで、約束ができない国では、外交は出来ない国となるわけで、5億ドルの援助を日本から受けて、さらにインフラまで実施したわけで、韓国にとっては裏切り行為でしかない。

請求権協定は解決済み位であり、今の問題は韓国内だけの問題となる。それを世界中に大騒ぎして報じたわけで、異常値をはるかに超えた態度対応となる。現在のレートで5億ドル返還せよとなる行為であるから、韓国にとって実施すべきことは一つでしかない。

関連記事

[ 2019年11月08日 12:18 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
安倍総理がパパラッチ文在寅に絡まれた。
正にパパラッチだ。
安倍総理がパパラッチの文在寅に絡まれた。
控室で安倍首相を強襲しようと用意周到で待ち構えていた文在寅に絡まれて迷惑している。
当然、会談などと呼べるレベルの内容では無い。
[ 2019/11/08 14:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp