韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  日本製品が値引き攻勢、不買運動は揺らぐか

日本製品が値引き攻勢、不買運動は揺らぐか

日本の自動車メーカーやアパレル店が大規模な値引き攻勢を展開し、10月の売上高が前月を上回ったことが分かった。8-9月に日本製品不買運動に積極的に賛同していた消費者が徐々に心変わりしているもようだ。

韓国輸入自動車協会によると、トヨタ、レクサス、ホンダ、日産、インフィニティの日本車5ブランドによる韓国での10月の販売台数は1977台で、前月を79.2%上回った。最も販売台数が大幅に伸びたのはホンダで、9月の166台から10月には806台へと、4.86倍の伸びを示した。 トヨタの10月の販売台数は408台で、前月に比べ9.1%増えた。韓国撤退説が流れるほど深刻な販売不振に苦しんでいた日産は前月比202%増の139台、インフィニティは250%増の168台だった。レクサスだけが前月比2.8%減の456台にとどまった。

日本車の販売台数が全体的に増加に転じたのは、攻撃的な値引きが理由だ。ホンダは主力の大型SUV(スポーツタイプ多目的車)の「パイロット」を1000万-1500万ウォン(約94万6000-141万9000円)値引き販売している。

スポンサードリンク
トヨタもプリウスなどの代表モデルの価格を最大250万ウォン値引きし、消耗品の交換、ガソリン券進呈などの特典も付けている。日産、インフィニティもそれぞれ最大で550万ウォンのガソリン券提供、最大1000万ウォンの値引きなどで消費者の関心を集めた。 日本のアパレル製造小売(SPA)ブランド、ユニクロも値引きで売り上げが回復を示した。
http://www.chosunonline.com/

2019-11-09-k001.jpg

韓国で日本製品の不買運動が長期化し、日本に関連するいくつかのブランドが店舗撤収などの危機的局面を迎えている。そんななか靴の小売りチェーンを展開する「ABCマート」は、むしろ積極的な出店を続けている。ABCマートは8月と9月に10店舗を新たにオープンした。リニューアルした4店舗を含めれば、2カ月間に計14店舗リニューアルした。さらに8月に新たに7店舗、リニューアルで3店舗をオープンし、9月にも新店舗3、リニューアル1を出店しているので、9月までに25店舗のリニューアルオープンとなった。

不買運動が始まった7月にも、1店舗を新規オープンした。現在ABCマートの店舗数は韓国で256に上る。新規オープン予定の店舗数まで合わせれば、大幅増となる。流通業界によると、韓国の靴セレクトショップはABCマートを代替する店がないため、不買運動の波及力に比べて、ABCマートの売上高が堅調だ。 さらに日本の自動車メーカーが値引き攻勢を実施したことで、日本製品の消費意欲は変わりつつあるようだ。


関連記事

[ 2019年11月09日 08:35 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp