韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  インドのスマホ市場、Xiaomi筆頭に上位5社でシェア87%に

インドのスマホ市場、Xiaomi筆頭に上位5社でシェア87%に

2019年第3四半期(7月~9月)におけるインドのスマートフォン出荷台数は、他業種の景気減速傾向にも関わらず、過去最高となる4,900万台を突破しました。調査会社Counterpoint Technology Market Researchが最新調査結果を公開しています。

同社の調査報告書によると、インドにおける第3四半期のスマートフォン出荷台数は過去最高の4,900万台となり、前年同期比で10%増を記録しました。

他業種が景気減速にある中でスマートフォンの出荷台数が伸びたのは、主要スマホメーカーが新製品投入や値引きを行ったのに加え、「ディーワーリー(10月末から11月初めに6日間かけて行われるヒンドゥー教のお祝い。買い物をすると縁起がよいとされる)」に合わせて流通在庫を増やしたため、とCounterpointは分析しています。

スマホ出荷台数のベンダー別シェアでは、Xiaomiが過去最高の出荷を記録し、26%のシェアを獲得しました。特にeコマースでの販売が好調で、出荷は前年同期比で7%増となっています。

スポンサードリンク
また同じく中国ベンダーのVivo、Realme、Oppoも、第3四半期に記録的な出荷台数を記録しました。その結果、上位5社で87%の市場シェアを獲得しています。 なおAppleは、iPhone XRモデルの値引きと、今年9月に発売したiPhone11の引き合いが強かったため、インドにおいてトップ10社入りを果たしました。
https://news.livedoor.com/

2019-11-10-k006.jpg

インドのスマートフォン市場は2桁成長し、2019年第3四半期には過去最高となる4,900万台の記録を打ち立てた。これにより、他の業種で進行中の景気減速を補った形だ。デジタルコンテンツの消費や、eコマース、コミュニケーションといった面で、ユーザーのスマートフォンへの接し方は成熟しつつある。

サムスンシェアは23%。中国勢は48%を占め、二位のサムスンとて、低価格帯の台数シェアと言う面があるわけで、性能に劣るサムスン低価格帯では中国スマホにはかなわないわけで、中低価格帯によるシェア率が高ければ、中国スマホには太刀打ちできずに今後衰退する。またアップルスマホは、:インドに工場を中価格帯主体で建設し販売しているが、まだ富裕層向けの感がある。サービスが徹底され、価格がもう少しダウンすれば、インド経済の発展とともに伸びる可能性は残されている。

関連記事

[ 2019年11月10日 09:13 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp