韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  文政権、山は下りる時に転びやすい

文政権、山は下りる時に転びやすい

このところ韓国側で日韓関係改善を模索する動きが目立つ。天皇陛下の即位行事の際、李洛淵(イ・ナギョン)首相の“祝賀訪問”があり、文在寅(ムン・ジェイン)大統領もタイで自分の方から声をかけて安倍晋三首相と会っている。文喜相(ムン・ヒサン)国会議長も訪日の際、関係改善案を語っている。いわば“ビッグ3”が相次いで日本に対し融和的ジェスチャーを見せているのだ。

そこで日本サイドから「あれは本モノでしょうか?」という問い合わせがよくある。とりあえずの答えは「韓国は関係改善にこんなに努力している」「悪いのは強硬論の日本だ」「改善のボールは日本側にある」ということを内外にアピールするのが目的-というものだ。とくに米国からは日本との関係改善を強く迫られているため、米国向けの印象が強い。

タイでの両首脳の出会いを韓国側が一方的に映像にし、友好的雰囲気と発表したのはそうした計算からだ。文在寅政権は左翼政権らしく(?)こうした政治的演出や情報操作はうまい。韓国の一見したところの対日融和ムードには国内への気配りも当然ある。文政権はチョ・グク前法相をめぐるスキャンダルで求心力が低下。5年任期の半分を過ぎ“下山”に移るところで政権への不満、不安が高まりつつある。その一つに外交における無策ないし停滞感さらには孤立感があるからだ。対日外交の“再開”には世論をなだめ安心させる狙いも垣間見える。

スポンサードリンク
日本の韓国ウオッチャーの間では昔から「韓国が困れば日韓関係はよくなる」という声がある。「韓国が困る」ケースとして経済・外交・安保の3点があり、具体的には(1)経済状況の悪化(2)外交的孤立(3)対北関係の不安-である。日本は韓国内部のこうしたイラ立ち、じれ、不安をどう活用するか。政権が下り坂に入り、今後さらに与野党、保革、左右の対立が激する見通しのなか、細心の対応が必要だろう。
https://www.sankei.com/

2015-03-14-wa.jpg

文政権反発デモが問題視されたが、いつしか消えたような感がある。自国民が文氏への反発で、朴槿恵と同じように大規模な反発デモが継続されない限りは、文政権は維持されるだろう。つまりまだ元気があるという事だ。政府負債増加は手の施しようが無いが、現段階での金額ではまだ余裕はある。また税収も半分程度を維持している。今後は低下するとしても、今日明日でどうなることでは無い。

文政権がとどめ打ちとなるには、文大統領への自国民による大規模な反発デモが継続し無い限りは難しい。それにしても今年の不動産元本返済集中年の対応記事が無いのは不思議だ。25%以上とも言われる返済不可の人たちに対する対応策は無いだろう。土台となる不動産経済が揺らげば、韓国経済は崩壊するが、韓国民はまだ旅行する元気がある。韓国政府と自国銀行においての不動産ローン問題。家計負債増加状態での、元本返済不可は大きな問題として立ちはだかるはずだが。

関連記事

[ 2019年11月10日 12:25 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp