韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  フッ化水素世界最大手ステラケミファ、営業利益が10分の1に

フッ化水素世界最大手ステラケミファ、営業利益が10分の1に

高純度フッ化水素の世界市場でシェア70%を占める日本企業、ステラケミファは7-9月期の営業利益が前年同期の10分の1にまで激減した。日本政府が韓国へのフッ化水素輸出を規制したことで、業績が悪化するというブーメラン効果を生んだ格好だ。

ステラケミファは8日、7-9月期の売上高が前年同期比21%減、74億600万円、営業利益が88%減の1億4800万円だったと発表した。9月中間決算も売上高が12%減の171億4000万円、営業利益が54%減の9億9600万円だった。 ステラケミファは純度が99.9999999999%を超える超高純度フッ化水素の製造技術を保有している。高純度フッ化水素は半導体ウエハーに生じる酸化膜を除去する洗浄作業に必須だ。

例年ステラケミファはフッ化水素生産量の60%をサムスン電子、SKハイニックスに輸出してきた。しかし、日本政府が韓国に対し、部品、素材の輸出を規制し始めた7月以降は韓国にフッ化水素を輸出できずにいる。 ステラケミファは「半導体市場が活況だった前年同期に比べ、今年は米中貿易摩擦と韓国に対する輸出管理強化などを背景に輸出が減少した」と説明した。

スポンサードリンク
サムスン電子、SKハイニックスなどは現在、日本企業が台湾など現地企業と合弁で設立した業者を通じ、代替フッ化水素を輸入している。また、ソウルブレインなど韓国のフッ化水素メーカーも高純度フッ化水素の生産、供給を急いでいる。
http://www.chosunonline.com/

2019-11-11-k003.jpg

フッ素化合物大手のステラケミファが8日発表した2019年4~9月期の連結決算は、純利益が前年同期比58%減の6億3000万円だった。主力の半導体向けフッ化水素は日本政府による韓国への輸出管理強化で、韓国の半導体メーカー向け販売量が落ちた。原材料安で採算は改善したが補えなかったと伝えている。

売上高は12%減の171億円。半導体ウエハーの洗浄に使われる高純度のフッ化水素は7月から、韓国に輸出する際には個別の審査や許可が必要になった。ステラケミファには許可が下りず、販売が落ちこんだ。半導体市況の悪化で韓国以外でも振るわなかった。20年3月通期の業績予想は「輸出管理強化の影響を見極めている」として据え置いた。

ステラケミファは高純度のフッ化水素で世界シェアの6~7割を持つ。8日時点でも輸出許可は下りておらず「輸出再開のめどは立っていない」としている。

関連記事

[ 2019年11月11日 09:42 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp