韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国発のスマホアプリ、米国のユーザーから何十億ドルも稼ぎ出す

中国発のスマホアプリ、米国のユーザーから何十億ドルも稼ぎ出す

2019年11月10日、中国メディアのIT之家は、米CNBCがこのほど、「中国のスマートフォンアプリは米国のユーザーから何十億ドルも稼ぎ出している」と報じたことを紹介した。

それによると、CNBCの記事は、米調査会社のセンサー・タワーによると、2019年第3四半期の米国におけるアップルのApp StoreとGoogle Play ストアの上位100アプリの収益34億3000万ドル(約3742億円)のうち、約22%に当たる7億4500万ドル(約812億円)が、中国の企業または中国からの大規模な投資を受けた企業により開発されたアプリによるものであること、7億4500万ドルという数字は前年同期比65%増であること、上位100アプリのうち25アプリが中国発のもので前年同期の21から増えたこと、その多くがゲームアプリで、首位はバトルロイヤルシューター「PUBG MOBILE」だったことを伝えた。

CNBCの記事はまた、「中国のアプリは、米国と中国の間で貿易戦争が進行中であることや、中国通信機器大手のファーウェイが中国企業の米国技術へのアクセスを制限する米国のブラックリスト入りしたことにもかかわらず、米国のユーザーから収益を集め続けている」とした上で、ゲーム業界コンサルティング会社Kantan GamesのCEO、Serkan Toto氏の話として、「米国のユーザーの多くは、これらのゲームが中国企業によって開発されている、または所有されていることを知らない可能性が高く、また米国の一般的なユーザーはそれを気にしていない」とも伝えている。
https://www.recordchina.co.jp/

スポンサードリンク
2018年に、世界がモバイルによりどう変わったのか、消費者とビジネスの両面を振り返ると、2018年に人気や収益が高かったゲームとアプリで、世界消費支出ランキングでトップに立ったのは、FGO PROJECTの『Fate/Grand Order』だった。また3位にはミクシィの『モンスターストライク』、8位にはバンダイナムコエンターテインメントとアカツキの『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』がランクインしている。

2019-11-12-k001.jpg

一方でアプリダウンロード数ランキングでは(世界)では、Voodooの『Helix Jump』がトップに、またPUBG Corporationの『PUBG MOBILE』が3位という結果になった。消費支出、ダウンロード数のランキング問わず、動画やコミュニケーションアプリがほとんどを占めているのも特徴的だろう。変わり種と言えば、写真、動画、音楽ファイル、ドキュメント、連絡先など、あらゆるものを他のデバイスと共有する『SHAREit』がある。中国製のアプリも目立った。

Googleのレポートによると、アジア太平洋地域10カ国の中で、スマホ使用率とアプリインストール件数で韓国が第一位であった。また、App Annieのレポートによると、2017年のモバイルゲーム売上ランキングにおいて、当年リリースでランクインした2本のゲームは2つとも韓国のゲームだった(Lineage 2 Revolution,Lineage M)。

関連記事

[ 2019年11月12日 08:27 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp