韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国経済、雇用が改善も「内面は非常に脆弱」

韓国経済、雇用が改善も「内面は非常に脆弱」

2019年11月13日、韓国・ヘラルド経済は、雇用率が上昇している韓国経済の「問題点」について伝えた。

韓国統計庁が同日発表した「10月の雇用動向」によると、先月の就業者は前年同期に比べ41万9000人増加。3カ月連続で30万人台以上の増加となった。失業率も2013年10月以降で最低値を記録したという。

しかし記事は「内面は非常に脆弱」だと指摘し、「製造、金融、卸・小売、建設など民間部門の雇用が大きく萎縮し、経済の柱となる30~40代の就業者は減少傾向をみせている」と説明している。雇用が増えたのは60代以上で、業種別では社会福祉・飲食宿泊業で主に増加したという。

記事は最後に「結局のところ、雇用の量と質を共に改善するには民間の投資・輸出・内需などの回復が欠かせない」と伝えている。
https://www.recordchina.co.jp/

スポンサードリンク
韓国政府は今年に入って青年雇用が改善された点を連日強調している。経済部署長官や青瓦台経済首席に続き、文在寅大統領まで、暇さえあれば「青年の雇用が増えている」と広報する。先月文大統領が「青年雇用率が2005年以降で最高値を記録した」と話したのが代表的な事例だ。だが、経済専門家は、景気が停滞しているのに雇用が改善されているというのはおかしいとし、増えた青年雇用の大部分が短期アルバイトで、良質の雇用は減っていると繰り返し指摘している。

韓国統計庁が発表した「地域別雇用調査就業者の産業および職業別特性」によると、今年上半期(4月基準)の15~29歳の就業者は389万8000人で、前年同期(385万人)に比べて4万8000人増加したと伝えている。問題は雇用の質。業種別(大分類基準)の青年就業者を見ると、宿泊・飲食店業の雇用が昨年上半期54万1000人から今年前半期58万1000人に増えた。雇用増加幅(4万人)は21業種で1位。飲食・居酒屋業だけで青年雇用が4万1000人増加し、全体就業者の増加幅の85.4%に達する。しかし、製造業部門の青年就業者は62万8000人から60万6000人へと2万2000人減少しており、製造業全体の雇用は今年前半期5万2000人減ったがこのうち42.3%が青年雇用減少分だ。

サービス業では情報通信業や金融・保険業、専門科学技術サービス業などが月間所得400万ウォン(約37万円)以上の勤労者の比率(37~39%)が高く良質の雇用に挙げられる。これら3業種の青年雇用は今年上半期50万4000人で、1年前に比べて3000人減った。金融・保険業(9000人減少)の減少幅が特に大きい。 また雇用を失った人も多く、賃金改善が見掛け倒しだという指摘も出ている。今年上半期の卸小売および宿泊・飲食店業の就業者と事業施設管理・支援業就業者は1年前よりそれぞれ3万5000人、5万3000人減少し、事業主が人件費の負担に耐えられず相当数の勤労者を解雇している。

関連記事

[ 2019年11月15日 10:35 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp