韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  韓国で激減していた日本車の販売量が急増、不買運動の危機を克服?

韓国で激減していた日本車の販売量が急増、不買運動の危機を克服?

2019年11月14日、韓国メディア・韓国経済によると、日本製品不買運動の影響で急減していた日本車の販売量が10月に大幅に増加した。

韓国の産業通商資源部が発表した資料「10月の自動車産業の動向」によると、トヨタ、レクサス、ホンダ、日産、インフィニティの5メーカーの韓国での販売量は1977台で、9月(1103台)に比べて79.2%増加した。

前年同月比では58.4%減となったが、日本が韓国に対する輸出規制を強化し、韓国で日本製品不買運動が本格化した8月(1398台)、9月(1103台)と比較すると改善は明らかで、記事は「販売の危機から脱出した」と評価している。インフィニティは前年同月比でも12%の増加をみせたという。

日本車の販売量が増加した理由について、韓国の自動車業界は「積極的な割引セールが功を奏した」とみている。ただ、日本車輸入関係者は「割引作戦はメーカーにとっては“劇薬”であるため、販売量増加を維持するのは難しいだろう」と話したという。
https://www.recordchina.co.jp/

スポンサードリンク
中国で行われているネット通販の買い物の祭典「独身の日」で、中国のECプラットフォーム最大手の阿里巴巴集団の取扱高が、スタートから11時間で1766億1000万人民元(252億5000万ドル)を超えた。なお、Uniqlo、Apple、Philips、Siemens、Dyson、Adidas、Skechers、Fila、Gap、L'oreal、Lancome、Estee Lauder、Shiseido、Aptamilなど84のブランドが「独身の日」スタートから1時間で取扱高1億人民元を超えた。

2015-03-13-toyota.jpg

韓国での不買運動で影響を受けたユニクロは1時間で1億元の売り上げとなった。韓国での販売量はさして問題ではない。韓国の不買運動が与える影響は、日韓往来数位だろうか。とは言えそれも中国が補てんしているわけで、不買運動は韓国内の零細企業への打撃のほうが大きい。大手企業では航空会社は悲劇となっている。アシアナ航空売却は完了したが、赤字解消になるかは今後となる。他の韓国格安航空会社も必至な状態だ。

記事にある日本車と言っても、大した数では無いわけで、韓国がゼロでも問題ではないだろう。他国を伸ばすほうが重要となる。
[ 2019年11月15日 11:08 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp