韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  米韓会議 文大統領の回答次第では…トランプ氏激怒で韓国に“懲罰”も

米韓会議 文大統領の回答次第では…トランプ氏激怒で韓国に“懲罰”も

ドナルド・トランプ米政権の怒りが頂点に達しつつある。米韓国防当局の協議が14日に始まったが、文在寅(ムン・ジェイン)政権は、米国主導で締結した日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄する構えを崩さないのだ。マーク・エスパー米国防長官は15日、文大統領や鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防相らと会談する。事実上、「自由主義陣営に残るか、レッドチーム入りするのか」という最終決断を迫ることになるのか。文大統領の回答次第では、ドナルド・トランプ米大統領を激怒させ、懲罰的行動に踏み切らせることになりかねない。

「相当、ガツンと言ってくる」 米軍制服組トップのマーク・ミリー統合参謀本部議長は訪韓直前、日本で会談した茂木敏充外相に、こう語ったという。23日午前0時に失効期限を迎えるGSOMIAに強い懸念を示した。 ミリー氏は14日、ソウルで開催した44回目の米韓軍事委員会(MCM)に出席し、韓国軍制服組トップの朴漢基(パク・ハンギ)合同参謀本部議長らと会談した。北朝鮮情勢や米韓の連合防衛態勢も協議したが、最大の焦点は、「GSOMIA維持」と「防衛費分担金の増額(5倍増)」だ。 会談後に配布された共同報道資料にはGSOMIAは触れられていなかったが、会談は予定より約40分延びた。

聯合ニュースは、ミリー氏が会談終了後に「私たちは少し(GSOMIAについて議論)した」と答えたと報じている。前出の茂木氏は、ミリー氏について「物事をはっきりと言う人だ」と評しており、武官同士で突っ込んだ話し合いをしたとみられる。

スポンサードリンク
エスパー氏は13日、韓国に向かう軍用機内で「GSOMIAは必ず維持されるべきだ」「(日韓対立で)利益を得るのは北朝鮮と中国だ」と断言している。鄭国防相も4日の国会国防委員会で「われわれの安全保障に少しでも役に立つなら、ずっと(GSOMIAは)維持されるべきだ」との見解を述べている。 米韓両軍のトップ同士ではGSOMIAについての認識が一致しているようだが、「従北極左」思想に染まった文大統領や、大統領府に君臨する「赤化高官」らは、断固拒否している。
http://www.zakzak.co.jp/

2019-11-15-k003.jpg

ミリー統合参謀本部議長「ガツンと言ってくる」 というが、今の文大統領は、ガツンと言って、いう事を聞くほどの耳は持たないだろう。自国経済低迷は自分たちで良くなったというデタラメな感覚でいる人材であり、北朝鮮利用で何か企んでいる文氏である。勿論順調に進んではいない。ただ北朝鮮への不正輸出が継続していれば、そう単純ではなくなる。互いの駆け引きは南と北で加速している部分もあるだろう。

また中国に対して強くは出れない韓国である。米国よりもむしろ中国と言う部分が多分に強い。ミリー統合参謀本部議長がどれだけ韓国に対し、とどめを打つような策で話ができるのかは難しい。トランプとて厄介な韓国に違いはない。在韓米軍の位置は重要だけに、ある程度のところで線を引くしかないのではと考えるが。

関連記事

[ 2019年11月15日 18:49 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp