韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  GSOMIAで米韓に“不協和音” エスパー米国防長官「協定終了で得するのは…」

GSOMIAで米韓に“不協和音” エスパー米国防長官「協定終了で得するのは…」

韓国で15日開かれた米韓国防相間の協議で、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の維持を求めた米側に対し、韓国は日本の輸出管理厳格化の撤回が前提との考えを示し、認識の溝が改めて浮き彫りになった。中国を牽制(けんせい)するためにも日米韓の安全保障協力は不可欠とみる米国に対し、韓国は対中牽制への参加に消極的で、この対中観の違いが協定をめぐる認識差にもつながっているようだ。

「協定終了で得するのは中国や北朝鮮だ」。協議後の記者会見でこう強調したエスパー米国防長官は、協議前にも韓国側に「協定の問題を乗り越え、(日米韓が)共に北朝鮮の悪辣(あくらつ)な行為をいかに抑止し、長期的には中国にどう対処していくべきかに集中すべきだと促す」と明言していた。対北問題だけでなく、対中戦略を念頭に置いた発言だ。

トランプ米政権は海洋進出を強める中国を、日本やインド、オーストラリアなどと連携して牽制する「インド太平洋戦略」を掲げる。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権にも繰り返し参加を促してきたが、文政権は積極参加を避けてきた。米韓当局者が2日、タイで協議し、韓国が東南アジア諸国連合(ASEAN)などとの関係強化を目指す「新南方政策とインド太平洋戦略の調和の取れた協力推進」を確認したのにとどまっている。

スポンサードリンク
韓国にとって経済の依存度が高く、対北問題でも協力が必要な中国を刺激するわけにはいないからだ。文政権は中国に、米軍の迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」設置に絡む確執を抑えるため、米国のミサイル防衛に加わらず、日米韓の安保協力を軍事同盟に発展させないといった「3つのノー」を約束してしまっている。
http://www.zakzak.co.jp/

そもそも韓国政府は、韓国が破棄を決め、失効が迫る日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について、韓日両国が解決すべき問題で、韓米同盟とは全く関係ないとしているわけで、日韓関係が正常化されれば延長を検討するとし、日本に責任を押し付けている。不正輸出を実施したわりに、何とも罪悪感の無い連中である。現段階では中国に寄り添った形だ。そして、北朝鮮方向を見ているが、実は北朝鮮は金の無い韓国を見ていない。見ているのは日本となる。

北朝鮮は自国経済と自国防衛は、絶対的な条件となるわけで、一方で核を廃棄することは無い。日本との関係では拉致問題があるが、それ以上に貧困であるから、自国経済の底上げは不可欠と言える。また日朝首脳会談が実現し、日本との安全協定が確立すると、日本と北朝鮮の間で、非核化交渉の仲介となることは間違いない。拉致問題との引き換えで、ある程度の部分で投資する事になるだろう。と言う目論見が北朝鮮にある。

日本と連携を深める事で、日米同盟となる日本との連携は、何よりの自国防衛となる。だがハードルは高い。拉致被害者がどれだけ存在し、日本へ引き渡せるのかを金正恩はどこまで把握しているのかによる。日本も同様に中国をバックにしている北朝鮮との安全協定は、自国防衛につながるだけに、今後は日朝首脳会談が関心ごとになる可能性が高い。

となると孤立を高めるのが韓国となる。経済発展の無い国であり、負債大国でしかなく、金のない国と共にしたところで貧困問題は解決しない。今後を考慮すれば、韓国との統一は無いだろう。北朝鮮にとって、どの国と外交を実施するのが得となるのかは限られる。もっとも北朝鮮とて約束破りの朝鮮人である。がしかし韓国よりマシに感じるから不思議だ。

関連記事

[ 2019年11月16日 12:10 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp