韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  日本車、今では韓国が一番安い

日本車、今では韓国が一番安い

「日本車を買うなら今がチャンスだ」「日本車は日本や米国より韓国の方が安い」 最近自動車のオンラインコミュニティーでは、こうした話題が交わされています。順調に販売台数を伸ばしていた日本車メーカーは、徴用賠償判決に触発された日本製品の不売運動により、今年7月以降、苦戦を余儀なくされてきました。韓国国内での市場シェアがわずか3カ月で4分の1水準(20.4%→5.5%)にまで下落したほどです。これを受け、先月から日本車メーカーが一斉に大々的な割引イベントに乗り出したのです。

ホンダ・コリアは最近、定価5490万ウォン(約510万円)の大型SUV「パイロット」を500台限定で1500万ウォン(約140万円)安の3990万ウォン(約370万円)で販売し、国内にあった在庫を全て完売しました。この値段なら国産大型SUV(スポーツタイプ多目的車)の起亜自「モハビ」(4700万?5253万ウォン=約440万?490万円)より安く、現代自「パリセード」(3475万?4408万ウォン=約320万?410万円)や双竜自「G4レクストン」(3439万?4607万ウォン=約320万?430万円)と同水準です。

インフィニティも定価5760万ウォン(約540万円)の中型ハイブリッドセダン「Q50s」を1500万ウォン安で売り出すなど、ほとんどの販売モデルに1000万ウォン(約94万円)前後の割引を適用しました。

スポンサードリンク
先月インフィニティの販売台数は168台と、不売運動が始まる前の昨年10月の販売台数(150台)を上回りました。「割引なし」に固執していたトヨタでさえも、先月顧客たちに数百万ウォン(数十万円)相当の給油チケットを提供しました。 業界では、いわゆる「シャイ・ジャパン(日本製品をこっそり購入すること)」を狙った戦略が功を奏したとみています。先月の輸入車の販売統計によりますと、日本車の登録台数は1977台と、前月(1103台)に比べて80%近く増えました。前年同期に比べると相変らず低い水準ですが、少なくとも7月以降では最高実績となっています。
https://news.livedoor.com/

2013-12-24-toyota.jpg

今の韓国経済で、高品質な日本車が同じサービス展開で、価格を大きく低下させた事で、韓国民の心は日本車に向くだろう。結果、日本製品ボイコットは自然と消滅する。結局は庶民の暮らしが一番という事になる。反日政策でどれだけの企業が倒産したかを考えれば、現実零細企業を営む人たちにとっては、死活問題となったはず。最低賃金でとどめを打った零細企業や小企業は、日本製品ボイコットで、さらにとどめ打ちとなった。

一方ユニクロは、中国の独身の日のたった一日で、韓国での年間売り上げの何倍もの売り上げを記録したわけで、全くボイコット効果はない。日本の航空会社も訪日旅行者数も、日本には全く影響はない。韓国人相手の小売店は一部で影響はあるにせよ、基本的に無意味なボイコットである。韓国民には逆に耐えがたい日々であっただろうと考えれば、その反動で逆に今後は大いに日本製品が売れる可能性がある、

関連記事

[ 2019年11月17日 09:31 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp