韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓日国防相 GSOMIA問題で従来の立場確認=日本の態度に変化なく

韓日国防相 GSOMIA問題で従来の立場確認=日本の態度に変化なく

韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は17日午前、東南アジア諸国連合(ASEAN)拡大国防相会議が開かれるタイ・バンコクで、日本の河野太郎防衛相と会談した。

韓国が8月に日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の終了を発表してから韓日の国防相が会談するのは初めて。会談では今月23日午前0時の失効期限が迫るGSOMIAについて、従来の立場を確認するにとどまった。期限までに別の当局間の高官級会談が開かれ、糸口を見つけられなければ、GSOMIAはこのまま失効する。 鄭長官は会談直後の会見で、「(GSOMIA問題で)基本的な意見交換をした。重要なのは国防分野の話より、外交的に解決すべきものが多いだけに、外交的に解決できるよう努力してほしいと求めた」と話した。

河野防衛相はGSOMIAの維持を求める日本側の立場を示したという。これに対し、鄭長官は「6月までは延長するというのが韓国の立場だった。その後、日本が安全保障上の理由で韓国向けの輸出規制を強化したことで、韓国はGSOMIAの終了を決定せざるを得なかった」と説明したという。

スポンサードリンク
鄭長官は日本の態度変化を予想できるかとの質問に、「現時点で申し上げる言葉はない」と述べた。今回の会談で日本の態度変化がなかったことを意味するとみられる。
https://news.livedoor.com/

2019-11-17-k002.jpg

韓国は日に日に近づく23日午前0時の失効期限が迫るGSOMIAは、かなり気が重いだろう。 日本政府は毅然とした対応で筋が通っている。すべては韓国側の問題。互いに自己都合というわけではない。そもそも韓国側が条約を無視し、慰安婦合意を破棄し、三権分立としたうえで、司法が出した徴用工訴訟問題。 最初にウソをつくと、嘘の上塗りとなりかねない。それが今の韓国となる。

不正輸出は実施していないとしらを切れば、どんどん深みにはまり、挙句にはレーダー照射問題にまで発展し、謝罪しないで、無理な理由を上塗りする。こういう状態になると、引き返しができないだけに、正当な動きをする事すら不可能となる。中国と米国に足をかけた朴槿恵。そしてそれに輪をかけた文大統領。首が回るはずもない。

今韓国が実施している事への罪悪感が無いことが問題で、中国にもウソをつき米国にもウソをつく。日本はどうでも良いと考えていたところに安倍首相がかみついたわけで、今まで優遇してみてきた韓国を、今は米国に投げた形だ。日韓貿易は不正輸出を止めるためであるから、何ら文句を言われる筋合いはない。条約無視も韓国側の勝手であるから、国家間の約束を守エれと正しているわけで、日本の立場はそれ以上でも以下でもない。

関連記事

[ 2019年11月17日 16:01 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp