韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  外資系企業が「韓国大脱出」!…GSOMIA破棄強行なら政情不安も

外資系企業が「韓国大脱出」!…GSOMIA破棄強行なら政情不安も

文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、韓国を絶望の淵に追いやろうとしている。マーク・エスパー米国防長官が15日の会談で、失効期限(23日午前0時)が迫った日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)維持を求めたが、断固拒否したのだ。韓国は現在、経済低迷で外資系企業が次々と撤退、主要国からの投資も激減し、現地メディアが「韓国エクソダス(大脱出)」と嘆いている。

《市場の復讐…「韓国経済にはもう食えるものがない」》 13日の中央日報(日本語版)は、こんな見出しのコラムを掲載した。過去30年間ソウルで勤務したグローバル金融CEO(最高経営責任者)の言葉だという。

同紙によると、ここ2年間で米ゴールドマン・サックス、英バークレイズ、豪マッコーリー銀行な大手外資系金融企業がソウル支店を閉鎖し、次々と韓国から離れていったという。従来は、海外本社から低金利で借りたドルを韓国で運用して利益を上げるというビジネスモデルだったが、韓国で低成長と低金利が定着したことが撤退の理由になったと伝えている。要は韓国の運用で儲からなくなったのだ。

前出のCEOは「国際資本が韓国経済に完全に興味を失っている」ともコメントしている。

スポンサードリンク
数字の上でも「脱・韓国」は明白だ。韓国の経済団体、全国経済人連合会(全経連)の今年1~6月の韓国に対する海外直接投資は前年同期比37・3%減少した。 悲惨なのは国別内訳で、投資額トップの米国こそ同3・1%増と微増だったが、前年同期の投資額2位の中国が86・3%減、3位のオーストラリアが95・7%減、さらにスペイン97・9%減▽英国50・9%減▽日本38・5%減▽香港25・5%減▽フランス96・8%減▽バルバドス100・0%減▽アラブ首長国連邦91・0%減と、軒並み投資が激減している。その結果、米国からの投資への依存度が高まっている。
http://www.zakzak.co.jp/

2019-11-17-k002.jpg

韓国が日米韓の安全保障上の枠組みから孤立化する懸念が深刻になっている。 GSOMIAについて文政権は、日本の輸出管理厳格化の撤回が前提との立場を崩していない。 日本にとっては中国と経済連携するチャンスとなり、米国の仲介で気をもむことはあるが、アジアのリーダー国としての役割は大きい。

日本が中国への技術伝授を実施すれば、北朝鮮も日本に寄り添い、金のある日本にある程度有効的な態度とならざる負えない。これにより米国から攻撃されない手立てを講じるだろう。当然日本も拉致問題解決と、ODA援助などを中国と実施し、北朝鮮への経済支援に乗り出せば、韓国は行き場を失い孤立する。 文大統領の野望はすでに消えているわけで、それに気が付かない文氏では韓国はのらりくらりと大国間を動き回るだけの国となり、気がつけば負債だけが増大し、手の施しようが無くなる。ウソつき韓国の肩書は無限に残ることで、この国の未来は消えたと言える。



関連記事

[ 2019年11月18日 10:05 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp