韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  世界初の韓国5G、重要部品の一部は全て日本製

世界初の韓国5G、重要部品の一部は全て日本製

韓国は今年4月、世界で初めて第5世代(5G)移動通信を商用化したが、基地局やスマートフォンに使われる一部の重要部品は全て日本製に依存していることが分かった。

科学技術情報通信部が18日、国会予算政策処に提出した予算案資料によると、5G設備・端末のうち5G基地局用の25Gbps(ギガビット毎秒)レーザーダイオード(通信信号を光信号に変換する部品)、5G基地局設備の信号伝送用ケーブル、5G用のミリ波スマートフォン用アンテナは、日本製に全て依存している。 このほか、5G基地局からデータを高速伝送するインターコネクター、5Gスマートフォン用の周波数部品PAMiDなど7種類の部品も日本企業のシェアが60%以上に達することが分かった。特にレーザーダイオードとミリ波スマートフォン用アンテナは日本が蓄積してきた半導体微細工程、超小型精密加工技術などが必須であり、韓日の技術格差が大きいと分析されている。

科学技術情報通信部は「今回国会に提出した資料は輸入依存度が高い部品を国産化する必要性を説明する過程で作成したものだ」とし、5Gネットワーク設備用の輸入部品に占める日本製の割合は約11%だと説明した。

スポンサードリンク
半導体のように重要素材・部品の大半を日本に依存している状況ではないという。同部関係者は「日本への依存度が高い5G部品は今後調達の多角化を図り、131億ウォン(約12億円)の予算を編成し、技術開発および商用化を積極的に推進していく」と述べた。
http://www.chosunonline.com/

2019-11-19-k003.jpg

記事では、5Gネットワーク設備用の輸入部品に占める日本製の割合は約11%だと説明したと掲載しているが、日本の部材を含め、日本製品ボイコット中である。しかも5G基地局設置時は、日本製品ボイコットが強い状態のさなかであるから、気が付けば重要部品は日本製と言うのが多岐にわたる様では、韓国政府の動きは言葉とは裏腹となる。いまだ日本の中小企業から部品供給している部分も多数あるわけで、日韓貿易で年間3兆円の赤字はさほど変わっていないのではないか。

産業通商資源部の説明では、輸出不振の原因は米中貿易戦争の激化と長期化。さらにアメリカや中国、ドイツなどで製造業の景気が悪化していると伝えている。実際、「ドル箱」の輸出市場である中国向けの輸出は、全体の減少率をはるかに上回るマイナス21.3%となっており、これは対日輸出の3倍以上だ。中国向けの輸出は今や日本の5倍以上と圧倒的な主要市場だが、今回の発表において対中輸出に関する記載は必ずしも多くはない。

日本の対韓輸出管理の影響についても歯切れがわるい。日本の輸出規制など対外環境の悪化が輸出全体の「不振の理由」と説明しながらも、日本の輸出規制が韓国の輸出に及ぼす影響は現在まで「限定的」と曖昧な言葉で濁している。

関連記事

[ 2019年11月19日 09:34 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp